小沢健二の26年ぶり3ヶ月連続シングル・第2弾『エル・フエゴ(ザ・炎)』のミュージックヴィデオが解禁。また今夜、ミュージックステーション2時間スペシャルで生ギター&生チェロでフルver.を披露する。



同曲は中村倫也主演のドラマ『珈琲いかがでしょう』のオープニングテーマとして、4月から少しずつ、ヴェールを剥いでいくように曲の全貌が明らかとなってきていた。


通常のドラマOPとは異なり、今作品では小沢健二が本編映像を観た上で『エル・フエゴ』の中から各話の内容にマッチするパートを切り出して編集するという、実に手間のかかる楽曲提供のスタイルをとっている。そのためSNS上では、放送のある毎週月曜夜、ドラマの展開とシンクロする「今週のエル・フエゴ」についての感想も盛り上がりを見せていた。



ドラマ最終回を目前に控え、ついに本日5月21日、『エル・フエゴ』のミュージックヴィデオが公開、そして夜8時からのミュージックステーション2時間スペシャルではフルヴァーション生歌唱となる。


Mステでは生ギターと生チェロでのライブとなる予定で、気軽な外出もままならないこの時期、リスナーにとっては心躍る金曜の夜となりそうだ。


『エル・フエゴ』のミュージックヴィデオは前作『ウルトラマン・ゼンブ』と同様、小沢健二本人が監督、11名のグラフィック・デザイナーから成る “Ozawa Kenji Graphic Band” がデザインするGIFベースの映像である。もともと小沢の7歳長男の創作物語をモティーフとして生まれたこの楽曲についての、付随するエッセイ、歌詞、長男によるスケッチ、子どもらを交えた演奏風景とフォトセッションなどが複層的に織り重なった映像作品となっており、見る人は、美術、デザイン、音楽、文学、写真などのさまざまなジャンルの芸術を同時に味わっているようなめくるめく感覚に襲われることだろう。


また、3ヶ月連続シングルの第3弾『泣いちゃう』が、5月25日(火)夜10時に生配信で初演される模様。『ゼンブ』と『フエゴ』がまったく異なるテイストでリスナーを喜ばせたが、次も軽やかに聴く者の予想を裏切ってくれる楽曲となりそうだ。


あざやかなグリーンのパーカとマスク(!)姿が印象的なジャケット(写真)のデザインは小沢健二+言乃田埃(Ozawa Kenji Graphic Band)、写真はフォトグラファーの当山礼子によるもの。配信ライブのチケットはローチケにて21日(金)18:00発売開始、詳細については公式ツイッターアカウントなどを参照しよう。