女優の北川景子が主演を務めるTBS系ドラマ『リコカツ』(毎週金曜よる10時)が14日、アメーバオフィシャルブログを更新。第9話(6月11日放送)の“名シーン”を公開し、ファンから「最高でした!!」「大人の純愛…なんて素敵なんでしょう」「待ちに待った瞬間」と反響を呼んでいる。



『リコカツ』は、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女の悩みを「離婚活動=リコカツ」というキーワードを通じて描き出す「離婚するかもエンターテインメント」。


主演を務めるのは金曜ドラマ枠への出演が10年ぶりとなる北川。北川が演じるのはファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲(みずぐち・さき)と、永山瑛太演じる緒原紘一(おばら・こういち)が、運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日でスピード結婚。幸せな新婚生活が始まると思われたのだが、価値観の違いから新婚早々にもかかわらず離婚を決意し、「リコカツ」を進めていく姿を描いたオリジナルストーリー。


「やっと」と題して更新したブログ。咲(北川)と紘一(永山)の告白シーンが大きな話題や感動を呼んだ第9話(6月11日放送)について、「やっとお互い素直に気持ちを伝えられたシーン、米津玄師 さんの"PaleBlue "と合わさり 見ている方は「ついに!!」と思う方が多かったのでは無いでしょうか」と振り返りながら、『自分は…どうしようもなく、君のことが好きだ。』と紘一が咲に告白するシーン写真を公開した。


この投稿にファンからは「大人の純愛…なんて素敵なんでしょう」「素敵なラブストーリーをありがとう」「お互い運命の人同士」「ほんと…最高にステキなシーン」「咲さん(北川景子さん)が凄くかわいくて感動が増します」「お互い素直になれて良かったぁ」「最高でした!!」「咲さんの思いが弾けたあの告白にもう涙涙涙…そしてその思いを受け止め心の奥に封印していた紘一さんの咲さんへの思いを告白したときにはもう涙腺爆発でした」「本当にすばらしい名シーン」「待ちに待った瞬間」「感動の涙と胸キュンシーンの嵐でした」などの声が殺到。


そのほか、「もうリコカツロスが始まってます」「ラスト最終回 続編期待します」「世界各国でこのドラマを見て欲しいです!笑」「夫婦。という形(婚姻)にとらわれず お互いを思いやれるこの二人ならではの夫婦の在り方に落ち着けば良いなと願っています」「最終回は楽しみでもあり、寂しさもありで複雑」と“リコカツロス”や続編を熱望する声、咲と紘一の幸せを願う声なども多く寄せられている。


『リコカツ』最終話は、6月18日(金)よる10時放送。互いの気持ちを確かめ合った咲(北川)と紘一(永山)は、改めて交際をスタートさせた。大切なマンションを売ったことを後悔する2人のため、貴也(高橋光臣)は買い戻しの交渉を試みる。すると、直接事情を聞きたいと買い主自らマンションにやって来て…。