映画『ハニーレモンソーダ』(7月9日公開)の大ヒット祈願イベントが29日、都内で行われ、主演の人気グループ・Snow Manのラウール、ヒロインを演じた吉川愛が参加した。


単行本累計発行部数700万部突破した、『りぼん』(集英社)で連載中のマンガが原作。塩対応なのにクラスの人気者でレモン色の髪の三浦界(ラウール)と、内気な性格で自分を変えたいと自由な高校に入学した石森羽花(吉川)の甘酸っぱい恋愛模様を描く。

この日は夏祭り風のイベントで、会場には射的や輪投げなどの出店のセットが設置され、2人は涼しげな浴衣姿で登場した。ラウールは「浴衣慣れなさ過ぎてガチガチです。転んじゃったりしたし…」と四苦八苦だったが、会場には数人浴衣姿のファンもおり、「うれしいです」とにっこり。吉川は「コロナ禍で浴衣を着る機会ないと思っていたので着られてうれしい」と笑顔を浮かべた。

理想のデートを聞かれると、ラウールは「僕はお散歩がめっちゃ好きなので、お散歩デート。田舎を散歩するのが好き。いっぱい歩いて疲れたら喫茶店でお茶する」と明かすも、「そういうのを目黒(蓮)くんとしました。長く歩きましたね、1〜2時間くらい歩いた」とうれしそうに報告した。一方、「インドア派」という吉川は「家でご飯を一緒に作ったり、ゲームしたり、アニメを見たりしたいです。私が1番落ち着くルーティンなので、一緒にやりたい」と語った。

映画ではヒロインを胸キュンさせるレモンソーダのような男子を演じたラウール。本当に胸キュンを理解しているのか判定することに。「デート中、手を繋いでいるときたまたま知り合いに出会ってしまったら?」などという質問に2択で答え、会場にいる多くのファンと答えが一致するか検証。もし胸キュンを理解していないという結果が出ると、映画の胸キュンセリフを披露するペナルティが課せられる。


胸キュンセリフを聞きたいファンとは裏腹に、すべての答えが会場の多数派と同じになり、胸キュンマスターの称号が送られたラウール。空気を読んだ吉川が「なんかねぇ…」と残念がると、ラウールは「絶対セリフを言う流れだったのに…イベント映えしない。むしろ、セリフを言わせてほしい!」といい、劇中の胸キュンセリフ「お前、ほんとに俺のこと好きだよな」と生披露した。すぐさまラウールは赤面し、「ちょっと恥ずかしかった。自分の中でこれが限界です」と手で顔を覆った。


イベントの最後には七夕にちなみ、笹の葉の代わりにレモンの木に願い事を吊るした。ラウールは、「映画を見て好きな人に声をかけようとか、勇気が出たらうれしい」と願い、“映画が勇気を与えられますように”と記した、レモン型の短冊を飾った。