2021年も後半に差し掛かり、いよいよ桑田佳祐が動き出す!!!


昨晩7月10日(土)放送のレギュラーラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(TOKYO FM/JFN全国38局ネット)にて、新曲『Soulコブラツイスト〜魂の悶絶』の初オンエアと共に、特大ニュースが発表された。


今年3月に自身初となるBlue Note Tokyoでの配信ライブを実施し、大きな話題を呼んだ桑田佳祐。先月には桑田が監督・音楽を務めた映画『稲村ジェーン』(1990年公開)が約30年ぶりにBlu-ray& DVDとしてパッケージリリースされたことも記憶に新しい。テレビでは、民放のニュース番組のスポーツコーナーやユニクロ、SOMPOグループのCMで桑田佳祐の楽曲が日夜オンエアされており、例年にも増してその唯一無二の存在感を放っている。


そんな桑田佳祐だが、本格始動は本日ここから!昨晩放送された『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM/JFN全国38局ネット)にて特大ニュースが発表された。まず一つ目。9月15日(水)に自身初となるEP盤をリリースすることが決定!!!桑田佳祐ソロ名義としては、2017年にリリースしたオリジナルアルバム『がらくた』以来約4年ぶりの新作となる。本作には、民放共同企画“一緒にやろう”応援ソング『SMILE〜晴れ渡る空のように〜』、SOMPOグループ CMソング『金目鯛の煮つけ』、昨晩のラジオにてサプライズでオンエアされた新曲『Soulコブラツイスト〜魂の悶絶』に加えて未発表の新曲3曲が収録され、全6曲収録のミニアルバムサイズのEPとなる。2020年から今日にかけて、新型コロナウイルスにより一変した日常の中で「それでも自分にできることは、音楽を届けること」と、音楽人としての矜持を胸に書き綴った6曲の楽曲集であり、こういう状況であっても変わらぬ桑田節が炸裂した新曲たちに、ぜひご期待いただきたい。


作品タイトル、収録曲含め詳細は後日発表となるが、気になるところは完全生産限定盤に特典Blu-rayもしくはDVDが同梱されるという点だ。全国の音楽ファン垂涎のボリュームたっぷりなコンテンツが収録される予定、ぜひこちらの詳細発表もお楽しみに。


そして、2つ目の発表は、『SMILE〜晴れ渡る空のように〜』の配信リリースだ。本日24時(7月12日[月]0時)からダウンロードサイトおよびストリーミング各サービスにて配信開始となることがアナウンスされた。この『SMILE〜晴れ渡る空のように〜』は、民放共同企画“一緒にやろう”応援ソングとして、2020年1月に史上初の民放5系列114局で同時生放送された特別番組『一緒にやろう2020大発表スペシャル』で初披露された楽曲であり、東京五輪が予定されていた2020年の社会全体を盛り上げるための楽曲として生まれたが、新型コロナウイルスの蔓延により突如世界中が苦境を強いられることになった中で、楽曲の持つ意味合いも徐々に変化していった。「世の中は今日この瞬間(とき)も 悲しみの声がする」など、今の社会とリンクするフレーズも多々あり、ファンはもちろん、アスリートや医療従事者などをはじめ、ラジオ等を通し「この曲を聴いて辛い時に元気をもらっている」という声もSNSで多く、配信が心待ちにされていた。「次の世代に何を渡そうか⁉ 今この時代(とき)を生きて」とそれでも前を向くこの楽曲は、2021年を生きる全ての人への応援歌として鳴り響くこと間違いないだろう。EPリリースに先駆け、『SMILE〜晴れ渡る空のように〜』を皮切りに、3ヶ月連続で配信シングルをリリースすることも同時に発表された。8月、9月に配信されるシングルは完全新曲予定。配信でも桑田佳祐の音楽を思う存分楽しんでいただきたい。


上記の特大ニュースが発表されるにあたり、桑田佳祐公式YouTubeチャンネルではティザー映像が公開となった。『Soulコブラツイスト〜魂の悶絶』の高揚感溢れる軽快なイントロを一部聞くことができるので、ぜひご覧いただきたい。そして桑田佳祐の2021年後半の活動は、これが序の口!次なる発表にもぜひご期待いただきたい。



DATA

【作品概要】

桑田佳祐

EP「タイトル未定」

2021年 9月15日(水)発売