『彼女はキレイだった』(関西テレビ/フジテレビ 火曜よる9時)の第3話が放送された。「抱きしめられるタブレット男」「愛ちゃんに一直線な樋口くんオンパレードに沸騰する」「曲入り完璧すぎて惚れた。まじで夏ハイ最高すぎる」「宗介の激しいギャップが好き」「樋口×宗介ハグ」と、話題のシーンてんこ盛りでSNSも大騒ぎとなった。

ラブコメらしいテンポの良さで宗介(中島健人)と愛(小芝風花)、そして樋口(赤楚衛二)と梨沙(佐久間由衣)が波乱の展開となった第3話。前回、酔っぱらった愛が宗介に電話で「あなたの知ってる佐藤愛なの!」と告白したかと思いきや、樋口の機転で電話は切られ、宗介には幼馴染みの佐藤愛であることがバレなかった。そのおかげで樋口には宗介が愛の同級生であり、初恋の相手だったことが知られてしまった。とはいえ、胸キュンシーンもお祭り状態。ということで今回は宗介のツンデレvs樋口のドキドキ対決に焦点をあててみたい。


※以下第3話ネタバレあり(記事最後には第4話あらすじも掲載)

まずは居残りで仕事をしていた愛が副編集長室に入って突然、宗介が戻ってきたとき。思わず隠れた愛だが、宗介が電話でザ・モストの廃刊のことを話していたため、衝撃の事実を知ってしまう。そこで荷物を倒してしまい、ビビる宗介。声がいつものケンティーになるも、すぐに低い声の宗介になるギャップが面白過ぎる。またお酒を飲んで一瞬にして気を失う宗介にクールさはまったくなし。


編集部員の宮城(本多力)と愛とで宗介のマンションへ送っていくと、部屋は1009号室。ん?センキュー号室?といえば、中島健人の「セクシーセンキュー」を思い出した人も多かったはず!もう1〜2話の徹底したツン宗介を忘れるほど、コミカルな演出の連続だった。


かと思いきや、強烈なデレも発揮。宗介の部屋で思い出のパズルを見ていた愛がパズルの額縁を落としてしまい、抱き寄せてかばう宗介。さらにそのとき愛が指にケガしていたことを気づいていた宗介は、編集部で絆創膏を探す愛に「置き場所ぐらいは把握しとけよ。すぐ取り出せなきゃ救急箱の意味ないだろ」と絆創膏を渡す。これぞ王道なツンデレである。


そして「脇役として身の丈に合った人生が送れれば、それで満足かなぁ〜なんて」という愛に宗介は「僕もそう思ってた」と言い「そんなとき、ある人に言われたんだ。どうして自分の可能性を信じないの?って」と優しく語りかける。小学生のときの愛が言った言葉だった。


自分の言葉を覚えており、生きる指針としてきた宗介に「自分が佐藤愛」だと言えない愛がなんとも切ない…。昔の自分が言った言葉を思い出した愛は、改めて企画を出すことを唯子(片瀬那奈)に伝える。すかさず、愛にハイタッチする樋口だが、それを見て小さく、ホントに小さく微笑みを浮かべる宗介がキュン過ぎる。雑用を押し付けられそうになったところを、さりげなくフォローするところもたまらない。


さて、対するはドキドキポインターの樋口がエントリー。愛が唯子(片瀬那奈)から「企画を考えてみない?」と言われているのを見て、うれしそうにする樋口。常に愛のことを気にしている様子が分かる一幕だ。遅れて飲みにきた愛にトントンと席を空けておくところも優しすぎる。元気のない愛を見て「今日終わったら飯行こうぜ。肉か魚か中華もアリだな」と元気づけようとする樋口はもう最高。

極めつけは宗介と樋口の直接対決。思い出のパズルのピースを宗介に見つかりそうになり、慌てふためく愛。すると宗介の右腕をつかんだ樋口は宗介を振り向かせて…


思いっきりハグ。抱き締める!抱擁!!


このシーン、樋口がハグをした表向きの理由は「副編集長って意外と鍛えているんですね」と宗介の両胸にタッチしつつも、愛のために宗介がパズルのピースを見つからないよう行動に出た結果である。


しかし、慌ててふりほどいた宗介に「すみません、BL特集のことを考えていて思わず」とも言った樋口。「うぎゃ〜、安達〜〜」と思わず叫びだしてしまった人もいるかもしれない。“チェリまほ”ファンの心をくすぐるエモい演出に拍手を送りたい。


帰り際、愛にパズルのピースを渡した宗介は「俺、副編集長にジャクソンの正体を知られたくないなぁ〜。昔のジャクソンはもう取られたから、今のジャクソンまで取られたくな〜い」。この甘えたような、軽い言い方にドキドキしていると、いきなりマジ顔。跪いて右腕を差し出し「ジャクソン、結婚しよう!」とまさかのプロポーズ。


樋口王子、ここに降臨!


けれど笑って冗談としてしか受け取らない愛。「えっダメだった?王子様みたいじゃなかった?」と樋口も冗談にしてしまったが、笑いながらも一瞬見せた寂しい表情。本気なのか、冗談なのか…彼の心の内が見えないこの一連の言動、今後の注目ポイントになりそうだ。


それにしても樋口は常に愛のことを気にかけ、元気づけ、優しく触れ合っているのに、愛が本気で仕事に取り組むきっかけを与えたのはツンな宗介。今後も宗介と愛中心の展開になっていくかもしれないと思うと…樋口の立場は何とも切ない。思わず応援したくなってしまう人も多いであろう。



ツンデレVSドキドキ対決、みなさんはどちらに多くのポイントを入れただろうか。宗介タイプか樋口タイプかによっても意見の分かれる結果になりそうな第3話だった。


最後は昔のトラウマが宗介を襲う。雨の中、たまたま事故現場を見た宗介は母親が車にひかれたときの体験がフラッシュバック。ダメージを受け、呼吸もままならなくなってしまった宗介に寄り添ったのは愛だった。事故現場を見て、宗介の心の傷を察した愛は「大丈夫、安心して」とコートを傘代わりにして頭にかける。小学生のときの宗介に「大丈夫、これからは私が側にいてあげる。私が宗介の傘になるから」と言ったのも愛だった。Sexy Zoneの『夏のハイドレンジア』が流れる中、愛の「大丈夫」という声だけが宗介の心に届く。愛の頬に手を伸ばし「愛」とつぶやく宗介。もしかして分かっちゃった?気付いちゃった?来週が待ち遠しい〜!


第4話あらすじ

梨沙(佐久間由衣)扮する愛との待ち合わせ場所に向かう途中、母親がバイク事故で亡くなったときの状況がフラッシュバックし、降りしきる雨の中で動けなくなってしまった宗介(中島健人)。


偶然その場に居合わせた愛(小芝風花)が介抱すると、宗介は、かつて幼い愛が同じように寄り添ってくれたことを思い出し、隣にいる愛に熱いまなざしを向ける。翌日、雨に打たれた愛が風邪気味だと知った宗介は、薬を渡してお礼を言おうとするが、これまでキツくあたってきた手前、なかなか素直に声をかけることができない。


一方、愛の初恋の相手が宗介だと知る樋口(赤楚衛二)は、厳しい態度とは裏腹に、宗介がいつも愛を気にかけていることに気付き、焦りを覚える。さらに、好きな人をあきらめたいという梨沙の頼みで婚約者のフリをすることになり、約束の場所へ向かうと、梨沙の隣にいたのは宗介で…。


翌日、急きょ1泊2日で出張に行くことになった宗介と愛。雨の日の一件以来、2人の間には気まずい雰囲気が流れていたが、あるハプニングがきっかけで、宗介は初めて愛に素の自分を見せる。愛もまた、久しぶりに見た宗介の優しい笑顔に胸がときめく。


その頃、梨沙は愛の部屋で、宗介と愛の思い出のパズルのピースを見つけて…。



『彼女はキレイだった』

毎週火曜夜9時(カンテレ・フジ系全国ネット)

【出演】中島健人 小芝風花 赤楚衛二 佐久間由衣

髙橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.) 宇垣美里 寒川綾奈 村瀬紗英 山田桃子

/ LiLiCo 木村祐一 菅原大吉 / 本多力 片瀬那奈 他

【原作】「彼女はキレイだった」ⒸMBC /脚本 チョ・ソンヒ

【主題歌】Sexy Zone「夏のハイドレンジア」(Top J Records)

【オープニング曲】Awesome City Club「夏の午後はコバルト」(cutting edge)