ダンス&ボーカルグループ・SUPER★DRAGON のメンバーで俳優としても活躍する志村玲於が、10月20日から東京・かめありリリオホールで上演される舞台『一瞬の風になれ』に出演することが発表された。


本作は2007年に本屋大賞、吉川英治文学新人賞を受賞した佐藤多佳子による同名小説が原作。累計100万部を超え2008年には漫画化、さらにドラマ化もされた青春小説の傑作がこのたび初めて舞台化される。


主人公、神谷新二役には富本惣昭、神谷の幼なじみで短距離の天才、一ノ瀬連役を織部典成が演じ、志村は新二や連を陸上部に導き、二人の間で葛藤する陸上部員、根岸康行役を演じる。


【志村玲於コメント】

このお話頂いた時に、朝と夜のランニングを始めて少し経った頃だったので、運命的な物を感じました。自分が演じさせていただく根岸康行は陸上オタクなほど陸上が大好きなので、ランニングにプラスして知識もつけて、よりリアルな一瞬の風の世界を皆さんにお見せしたいと思います‼


【舞台『一瞬の風になれ』あらすじ】

主人公、神谷新二は天才的なサッカーセンスの兄を持つ。兄の姿を追いかけてサッカーを続けていた新二だったが、 高校からサッカーから離れることにした。スポーツテストで感じたあの疾走感。 幼なじみの一ノ瀬連と入ったのは陸上部。そして、連は天才的なスプリンターだった。「・・・天才何て、そんじょそこらにいるはずのないヤツが、 なんで俺の身近に二人もいるんだろう」早くなりたい、ただひたすらに その想いを抱えて、新二は駆け抜ける。きっと、その先に待っているのは「勝ち負け」じゃない何か・・・! 青春小説の傑作、初の舞台化!!