カンテレ・フジテレビ系で毎週火曜よる9時放送。Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演の連続ドラマ『彼女はキレイだった』。

さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島健人)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝風花)という真逆の成長を遂げた二人の“すれ違う初恋”の行方を描く、この夏一番の胸キュンラブ・ストーリー。


8月24日放送の第7話では、宗介・愛・樋口(赤楚衛二)・梨沙(佐久間由衣)の四角関係が大きく動いた。梨沙が偽物の佐藤愛だったことがついに宗介にバレる展開や、愛への思いが抑えきれなくなった樋口が「今からすること、許せ」と愛を抱きしめる展開など、全体を通して“神回”とのコメントがSNS上に溢れた。



そして、中島がみどころだとイチオシしていた、宗介と愛が互いに初恋の相手だったことを知り、抱き合いキスするラストシーン。「やっと結ばれた」「素敵なキスシーン」といった称賛コメントがSNS上で飛び交い、Twitterでは「#彼女はキレイだった」が世界トレンド入りした。


こうした大きな反響を受けて、単話無料見逃し配信(カンテレドーガ、TVer、GYAO!)は、約249万回再生を記録し、第5話の約220万回再生を更新し、火曜よる9時カンテレドラマとしても歴代1位の再生数となった(これまでの1位は2019年『まだ結婚できない男』第1話)。韓国で大ヒットした原作をもとに日本版にリメイクしたラブストーリーが、日本でも大きな話題となっており、8月31日放送の第8話でもTwitterでは番組開始直後から「#彼女はキレイだった」のワードがトレンド入りし、世界トレンド1位となった。


『彼女はキレイだった』

毎週火曜夜9時(カンテレ・フジ系全国ネット)

【出演】中島健人 小芝風花 赤楚衛二 佐久間由衣

髙橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.) 宇垣美里 寒川綾奈 村瀬紗英 山田桃子

/ LiLiCo 木村祐一 菅原大吉 / 本多力 片瀬那奈 他

【原作】「彼女はキレイだった」ⒸMBC /脚本 チョ・ソンヒ

【脚本】清水友佳子、三浦希紗

【音楽】橋本由香利

【主題歌】Sexy Zone「夏のハイドレンジア」(Top J Records)

【オープニング曲】Awesome City Club「夏の午後はコバルト」(cutting edge)

【制作】カンテレ、共同テレビ