この度、2022年2月・3月に東京国際フォーラムホールC、新歌舞伎座、愛知芸術劇場大ホールにてミュージカル『カーテンズ』を上演することが決定した。

本作は2007年3月にブロードウェイで開幕。2007年のトニー賞では、主演のデビッド・ハイド・ピアーズが主演男優賞を受賞した他、作品賞、脚本賞、作詞作曲賞、演出賞、主演女優賞、助演女優賞の計8部門でノミネートされるという高評価を得た作品。


日本では2010年に東山紀之主演で上演されているが、今回は別カンパニーとして、城田優の演出・主演で新たに上演する。共演者には今回がミュージカル初挑戦となる櫻坂46のキャプテン菅井友香、三浦翔平という新鮮な顔ぶれに加え、瀬奈じゅん、原田薫、岸祐二、宮川浩といった、日本のミュージカル界を支える豪華な俳優陣が並ぶ。

今回、バンビ役にはオーディションにより中嶋紗希が抜擢。確かな実力と、フレッシュな魅力に期待が高まる。

<演出・主演:城田優 コメント>

今回、新作での演出・主演が自分にとって初めてなので、プレッシャーを感じています。今はただ「とにかく、やれるだけやってみよう!」という気持ちです。本作はミュージカル愛に溢れ、コメディやミステリーといった様々な要素が詰まった作品です。初めてミュージカルを観るという方でも楽しめると思いますし、ミュージカル好きな方にも是非ご覧になって頂きたいです。精一杯頑張ります!


<あらすじ>

舞台は1959年のボストン・コロニアル劇場。新作ミュージカル「ロビン・フッド」はブロードウェイに向けトライアウト公演の真っ最中。主演女優のジェシカは才能は無いのにプライドだけは高く、評判が悪かった。そんななか、公演初日にジェシカが舞台上で何者かに殺害されるという事件が発生した。駆けつけたミュージカルオタクの警部補、フランク・チョーフィ(城田優)は事件の解決を急ぎながらも、その舞台作品が気になりはじめ、事件同様に舞台の内容に首を突っ込みはじめる。

新人女優のニキ(菅井友香)、看板俳優のボビー(三浦翔平)、作詞家のジョージア(瀬奈じゅん)、作曲のアーロン(岸祐二)、プロデューサーのカルメン(原田薫)、カルメンの娘で女優のバンビ(中嶋紗希)、演出家のべリング(宮川浩)など、出演者、スタッフ全員が容疑者!?というなか、第二の殺人事件も発生。犯人はいったい誰なのか…


■ミュージカル『カーテンズ』

原作:ピーター・ストーン
脚本:ルパート・ホームズ
演出:城田優
出演:城田優、菅井友香(櫻坂46)、三浦翔平、原田薫、岸祐二、中嶋紗希、宮川浩、瀬奈じゅん 中西勝之 米本学仁 高橋卓士 / 井上花菜、小山侑紀、坂元宏旬、竹内真里、茶谷健太、常住富大、伯鞘麗名、福田えり、堀江慎也、横山達夫
東京公演:2022年2月26日(土)〜3月13日(日)東京国際フォーラムホールC 20回公演
大阪公演:2022年3月18日(金)〜3月22日(火)新歌舞伎座 7回公演
愛知公演:2022年3月26日(土)・27日(日)愛知県芸術劇場大ホール 2回公演
チケット発売:2021年12月18日(土)10:00〜