今泉力哉監督が窪美澄の短編集から自ら映画化を希望し、ドラマ『ドラゴン桜』にも出演していた志田彩良と鈴鹿央士の共演でも話題となっている映画『かそけきサンカヨウ』が10月15日(金)より全国公開となる。


映画は、家庭環境のせいで早く大人にならざるを得なかった高校生・陽の葛藤と成長が、同級生・陸との“恋まではたどり着かないような淡い恋愛感情”を交えて描かれている。主人公・国木田陽を志田が、陽をやさしく見守る父親・直を井浦新、陸を『ドラゴン桜』でも志田と共演した鈴鹿央士が演じている。


監督は作品に流れる空気感やリアリティが高い評価を受け、『愛がなんだ』のヒット以降、『アイネクライネナハトムジーク』、『mellow』、『his』と作品を作り続け、今年は『あの頃。』『街の上で』と既に2本の作品が公開され、城定秀夫監督とのコラボ映画が来春公開を控える今泉力哉。主人公・陽が家族について悩みながら成長していく姿を丁寧に映像化した。

今年の夏にTBS系日曜劇場で放送され人気を博したドラマ『ドラゴン桜』で、文系トップの小杉麻里役を演じた志田彩良と、学年トップの藤井遼役を演じた鈴鹿央士。今、最も注目される若手実力派俳優の二人だが、実は『ドラゴン桜』の前に映画『かそけきサンカヨウ』で共演を果たしている。幼い頃に母親が家を出て以来、自分のことは自分でやる癖がつき、年齢よりも大人になってしまった主人公の少女・陽を志田が演じ、陽が淡い恋心を抱く同級生の陸を鈴鹿が演じている。


志田が今泉監督と映画で顔を合わせるのは『パンとバスと2度目のハツコイ』『mellow』に次ぐ三度目。さらに、今泉監督が手がけたMVやドラマ、舞台にも出演するなど多くの作品をともにしてきた。今泉監督は「信じられると思う一番のポイントは志田さんの感覚、俳優としての生理です。『パンとバスと2度目のハツコイ』の時から彼女が“なんかやりにくいな”と思ったりする部分、違和感を表出できる姿、素直さに惹かれていました。例えば私が『こう演じてみて』と言ったとしても、それが役として違うと感じたら、それはできないかもしれない、そうはならないと思う、ということをちゃんと言葉や芝居で伝えてくれる。決して受け身ではなく、アイデアをもっている俳優だと思います」と、志田に厚い信頼を寄せる。一方、“もうひとりの主人公”とも言える陸役を演じた鈴鹿については「とにかく素直な人で、良くも悪くもピュア。また時折幼く見えたりもする。でも、そこが陸っぽさに繋がる部分でもあったし、また“全体が重くなり過ぎないように”ということへの担保でもあった気がします。彼の“相手の話を聞く表情”に頼って編集したシーンもいくつかあります。志田さんとのバランスも良かったですね」とその絶妙な存在感を絶賛した。そんな今注目を集める二人の絶妙な距離感と繊細な演技を、ぜひ劇場でご堪能いただきたい。


映画『かそけきサンカヨウ』は10月15日より全国公開。

配給:イオンエンターテイメント   

©2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会