TBSで毎週日曜よる6時30分から放送中の『週刊さんまとマツコ』。国民的お笑い芸人の明石家さんまと、日本を代表する“さんまファン”かつ“最強のお喋り相手”マツコ・デラックス。そんな2人が「今、話題の人・トピックス」についてしゃべり倒す。


9月26日(日)の放送は、さんま&マツコと旧知の仲である木村拓哉が登場。今回の特集テーマは「アナタの家にも眠っているかもしれない!ちょっと懐かしい“ヴィンテージTシャツ”の値段が高騰!」。近藤春菜(ハリセンボン)の進行で、モノによっては100万円以上の価値がつくという、80年代・90年代のロックや映画をモチーフにした「お宝Tシャツ」の話題で盛り上がる。


“芸能界でTシャツといえば”という前フリで登場した木村は、私物のヴィンテージTシャツを持参。映画『ファイト・クラブ』や『ゴッドファーザー』、ロックバンドのNIRVANA、Red Hot Chili PeppersのTシャツなど、穴が開くほど着たというお気に入りのTシャツへの愛を語る。


“日本で一番熱いと噂のヴィンテージTシャツ店”との中継も。木村が持参したTシャツのラインアップを見たお店の社長は「いいチョイスですよね、渋い!」と興奮。木村がドラマやバラエティ番組でTシャツを着ると、放送翌日に問い合わせが殺到し5倍以上の価値になっているという裏話が飛び出し、木村が“ヴィンテージT シャツ”界隈に多大な影響を与えていることが明らかに。


さらに木村のTシャツと、さんま私物の「ヴィンテージお宝Tシャツ」のお値打ちを鑑定。

マイケル・ジョーダンのユニフォームを口にくわえたマリリン・モンローが描かれたメッシュ地のものや、メジャーリーグの名投手にまつわるもの、名作映画にまつわるものなど、自身のラインアップを自画自賛するさんま。マツコも思わず驚いた「衝撃の査定金額」とは!?


意外にも3人だけでのトークはテレビ初となる木村&さんま&マツコ。旧知の仲らしいプライベートのエピソードも続々飛び出す。この番組でしか見られない3人の貴重過ぎる“プレミアヴィンテージ”トークが展開される。