10月15日(金)より全国公開となる映画『燃えよ剣』から、岡田准一演じる土方歳三と、伊藤英明演じる芹沢鴨による緊迫の決闘シーンが解禁となった。




歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が土方歳三を主人公に、新選組の志士たちの知られざる人生と激動の時代・幕末を描いた国民的ベストセラー、『燃えよ剣』が遂に完全映画化。監督・脚本:原田眞人×主演:岡田准一のタッグに加え、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明ら豪華俳優陣が集結する、スペクタクル・エンタテインメント超大作、映画『燃えよ剣』が10月15日(金)より全国公開となる。


江戸時代末期。黒船来航後の激動の幕末を舞台に、わずか6年だけ存在した「新選組」の志士たちの生きざまを描く本作。時代の大きな変化の中、剣を手に命を燃やした志士たちの知られざる【愛】と【戦い】。鬼の副長・土方歳三と、「新選組」は、いかにして歴史に名を刻む【伝説(レジェンド)】となったのか―。そのすべてが今、スクリーンで明かされる。


解禁された映像は、新選組初代筆頭局長である芹沢鴨と、副長の土方による、一触即発の決闘シーン。尊王攘夷を掲げ、国家転覆を図っていた清川八郎(高嶋政宏)の暗殺を狙う芹沢と土方であったが、酒に酔った芹沢の暴走により、暗殺は失敗に。逃げた先で口論となった二人は、次第にお互いのプライドを懸けた“本気の喧嘩”へと発展していき…。映像では、原田監督が「しらふなら土方、沖田がふたりがかりでも倒せない武門の人」と称する剣の達人である芹沢が土方を吹き飛ばすほどの豪快な一振りを見せる一方で、華麗な身のこなしと剣捌きで立ち向かう土方の姿が映し出される。


原田監督の熱望により、本作で主演に加え、見せ場となる殺陣の構築・指導も兼任した岡田准一。「ある程度テーマをもって構築していった」と語る殺陣について岡田は、「こだわりが詰まっている」と自信を見せる。一方、“超一流の武芸者が俳優のふりをしているような人”と原田監督からも絶賛される岡田のアクションには、芹沢を演じた伊藤も「殺陣については自分なりに準備したつもりだったんですが、岡田君の動きにはなかなかついていけずでした」と苦労を滲ませる。しかし、それぞれのキャラクターの特徴に合わせて殺陣を考案した岡田による丁寧な指導を受けた伊藤は、「(岡田が)何十年という歳月をかけて習得したものをわかりやすく、芹沢鴨というキャラクターを織り交ぜつつ、殺陣をつけてくださって、本当に感謝しています」と述懐。鬼の副長・土方をも圧倒する“強者”としての存在感を放つ、新たな芹沢が誕生した。


本作には、新選組の名を全国に知らしめた池田屋事件をはじめ、鳥羽・伏見の戦い、五稜郭の戦いといった歴戦の数々が描かれる。様々な戦場で死闘を繰り広げる、土方歳三の超絶アクションは必見。日本映画史に残る≪スペクタクル・エンタテインメント超大作≫、映画『燃えよ剣』は、10月15日(金)全国公開。


■映画『燃えよ剣』

出演:
岡田准一 柴咲コウ 鈴木亮平 山田涼介
尾上右近 山田裕貴 たかお鷹 坂東巳之助 安井順平 谷田歩 金田哲 松下洸平 村本大輔 村上虹郎 阿部純子 ジョナス・ブロケ
大場泰正 坂井真紀 山路和弘 酒向芳 松角洋平 石田佳央 淵上泰史 渋川清彦 マギー 三浦誠己 吉原光夫 森本慎太郎
髙嶋政宏 柄本明 市村正親 伊藤英明

原作:司馬遼太郎『燃えよ剣』(新潮文庫刊/文藝春秋刊)
監督・脚本:原田眞人
製作:『燃えよ剣』製作委員会 製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝 アスミック・エース

© 2021 「燃えよ剣」製作委員会