増田貴久主演ミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』の公演ビジュアルが解禁された。




本作は、1961年にブロードウェイで初演され、以降1417回のロングランヒットという記録を打ち立てた傑作ミュージカル。翌1962年のトニー賞では、最優秀ミュージカル作品賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞、製作者賞、演出賞、指揮・音楽監督賞の7冠を達成し、大きな注目を集めた。1995年にはマシュー・ブロデリック主演でリバイバル上演、さらに2011年にはダニエル・ラドクリフ主演で再び上演され、トニー賞8部門にノミネートされるなど、世代を超えて愛される名作だ。


2020年9月、増田貴久主演で、2011年版クリエイティブチームの一人であるクリス・ベイリー氏の演出・振付による新演出のもと上演。初めて海外ミュージカルに挑んだ増田は、抜群の歌唱力と表情豊かなダンスを十二分に魅せ、ポジティブなエネルギーに満ちたフィンチ役を好演し、大好評を博した。


主演・増田貴久をはじめ、『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役や『天保12年のシェイクスピア』『VIOLET』などミュージカル作品に多数出演、躍進目覚ましい唯月ふうか、アーティスト“YOUYA”としても精力的に活動する松下優也、舞台・ドラマ・バラエティと幅広く活躍する女優・雛形あきこ、俳優だけではなく振付師としても多くの作品を手がける黒須洋嗣、劇団四季『マンマ・ミーア!』など近年ミュージカル作品からもひっぱりだこの林愛夏、アーティストや俳優として無二の存在感とユニークさの光るブラザートム、さらに、元宝塚歌劇団花組トップスターで、緩急自在な演技力と歌唱力が高く評価される春野寿美礼、ミュージカルを中心に舞台や映像作品など幅広いジャンルの作品で、卓越した安定感といぶし銀の魅力の石川禅と、多彩なキャストが集結。


ビルの窓ふき清掃員から大企業の幹部へ……と出世街道をひた走る若者のストーリーにふさわしい、思わず口ずさんでしまうようなポップで力強い楽曲、そして何と言っても軽快でパワフルなダンス。スタイリッシュなコメディミュージカルを華やかなキャストが彩る。


<増田貴久 as フィンチ コメント>

再演が決まってとても嬉しく、幸せに思っています。僕の演じるフィンチという役は、これまでに沢山の方が演じ、愛されてきた役で、映画版も含めて色々なフィンチがいます。そういった役を演じるのは、どんな感じなんだろう、と思っていましたが、前回は、お稽古場で共演の皆さんが作ってくださる空気だったり、歌やダンス、色々なものがどんどん体に入っていく中で、少しずつ僕なりのフィンチを作ることが出来たかなと思います。フィンチが明るくまっすぐな人であるのは今回も変わらないですが、再演なので、また違ったアプローチもできるかなと思っています。今回から新しくご一緒する方もいらっしゃいますし、前回より成長したところをしっかり活かせる事ができればと思います。共演の皆さんと一緒に、エネルギーを全力で出しきらないとできないほどパワフルな作品なので、稽古場の熱量がすごいんです。今回も、フィンチは上手に会社のトップまで上り詰めないとけないので毎公演戦いです。ぜひ、劇場に遊びに来ていただければと思います。


<唯月ふうか as ローズマリー コメント>

出演が決まって、私自身コメディミュージカルが初めてなのでとても嬉しいです。音楽が踊ってしまうくらい楽しい曲ばかりなので、早く作品に飛び込みたい気持ちでいます。ローズマリーはピンクがモチーフになっている役なのでとてもテンションが上がりますし、恋が結ばれる役は久しぶりなので、とても楽しみです。素敵な奥様像を想像しながら曲を歌いたいと思います。再演からの参加でドキドキしていますが、初演から見てくださっているお客様に受け入れてもらえるように作品についてより深く知っていきたいと思っています。見に来てくださった方にとにかくハッピーに、もう一回見たい!楽しかった!と思ってもらえると幸せです。ぜひ劇場にお越しください。


<松下優也 as バド コメント>

バド役が決まったとき、前回やれる事はやり切ったので、再演するにあたって前回と同じことをするのは違うな、と。バドは周りをひっかきまわす存在なので、見ている方には嫌な奴だと思ってもらえるよう、そして共演者の皆さんにも前回以上にムカつくなと思われるよう嫌われ役を楽しみたいと思います。バドという役は個人プレーの場面が多いですが、今回から参加される皆さんに感化されるものは大いにあると思うので、楽しみです。前回まっすー(増田貴久)が差し入れしてくれたお弁当美味しかったので、今回も...!!この一年間で自分も成長したと思うので、稽古場で新たなアプローチを試したりして、初めて観劇する方にも、前回観てくださった方にも楽しんでもらえるよう頑張ります。進化した作品、そして2021年版のバドを楽しみにしていて下さい!


<雛形あきこ as ヘディ・ラ・ルー コメント>

又この作品に携われること、ヘディを演じられることをとても嬉しく光栄に思います。最初に台本を読んだ時、ヘディは自分とは全く違う性格なので戸惑いがありましたが、実際に演じてみると愛着が湧き幸せになってほしいと思いながら演じていました。セクシーさだけでなく皆から愛される可愛らしさも出せたらと思っています。前回もコロナ禍でしたので皆で食事にも行けず、お喋りもできなかったのに仲良くとてもいい空気感でした。人柄の良い方達に囲まれて幸せでした。素敵なカンパニーでした。今回の再演にあたっては、初演の時にご一緒だった方とは新鮮な気持ちで挑みたいですし、新しいキャストの方との共演も楽しみです。新たな「ハウ・トゥー・サクシード」をご覧頂き、沢山笑って楽しいひとときをお過ごいただけたらと思います。劇場でお待ちしています! 


<黒須洋嗣 as ブラット コメント>

僕自身、ミュージカルに出演するのが5年ぶりなので、とてもワクワクしています。演じる人事部長のブラットは、人柄は良さそうですが、社長のいいなりの世あたり上手なザ・ビジネスマン。ダンスの見せ場が多いと聞いているので楽しみでもあります。今回、まっすー(増田貴久)と一緒に共演できることも、とても嬉しく思っています。以前、彼の出演したミュージカルの振付を、僕が担当したことがありまして。とても真摯で熱心だったのを覚えています。そしてキャラクターの濃い素敵な皆様との共演もとても楽しみです。全力で挑みますのでどうぞ楽しみに期待していてください!


<林愛夏 as スミティ コメント>

前回の公演の大千秋楽のとき、共演者の方たちとまたこの作品をやりたいね、と話していたので、再演が決まってとても嬉しいです。またスミティとして戻ってこられて高揚感でいっぱいです。スミティはローズマリーをとても大切に思っていて、彼女が上手くいったら自分も嬉しくなれる、友達思いなスミティを素敵だなと感じています。今回から参加されるキャストの方々とは初めての共演になりますが、明るくて楽しい作品なのですぐに打ち解けられるだろうなと思っています。感染対策のために距離をしっかり保ちつつ、心のコミュニケーションはしっかり取って、チーム一丸となって作品に挑みたいです。前回より歌や踊りをパワーアップするために身体づくりをしっかりしていきたいと思います。このような状況下なので、お客様にご協力していていただくこともあると思いますが、明るくてハッピーで面白くて楽しいがたくさん詰まったこの作品を皆様と共有できる、素敵な時間を作っていきたいので、一生懸命お稽古も頑張りたいと思います。劇場でお待ちしております。


<ブラザートム as トゥインブル/ウォンパー コメント>

どのミュージカルよりも一番好きで、この作品こそエンターテインメントだと思っているので、再演が決まってとても嬉しいです。前回の公演を終えて、もっと癖をつけてもいいなと思ったので、今回はとことんオリジナリティーをつけてもっと人種をはっきりさせていきたいと思っています。声の使い方や、栃木と茨城の間くらいのなまりを入れて言葉の表現の仕方を変えていきたいです。きっとみんな「こんなことがやりたい」を1年間溜め続けてきたと思うので、みんなのパワーがみなぎった面白い作品になると思います。前回はコロナ禍で上演して無事に千秋楽を迎えられた作品で、お客さんの前で演技できることの素晴らしさを実感しました。ガラッといい顔になった増田君と松下君ともっと深い演技ができるのではないかと今から楽しみです。声を出せない状況なので、ハンドサイン、決めておきましょうか。「キャー!!」と言いたいときは手をCに。「まっすー!!」と言いたいときは手をMに。「優也―!!」と言いたいときは手をUに。舞台からちゃんと見えてます。トムのTは“タイム”になってしまうのでなしで。


<春野寿美礼 as ミス・ジョーンズ コメント>

一年足らずで再演が決まり、この作品が偉大であること、増田さんのフィンチが素晴らしいこと、何よりお客様が盛り上げて楽しんでくださったことが大きな力になったのだと思います。再びジョーンズを演じられることを大変嬉しく思います。コメディミュージカルならではのキャスト同士のテンポ感や間を、より感じながら、大事に演じていきたいと思います。ジョーンズは長年勤めあげた会社のお局的な存在ではありますが、フィンチに振り回される一人の女性です。ボウリングの玉を投げる真似をするシーンでフォームが綺麗だと言っていただけたので、ボウリングに命を懸けているミス・ジョーンズにも注目していただけたらと思います。個性あふれる方々とご一緒できて今からワクワクしています。この作品の世界観を大切にしながら、自分を解き放ってジョーンズを演じたいと思います。この作品をご存知の方も、そうでない方も、十分に楽しめるパワフルな作品です。今回もコロナ禍での上演となりますが、皆様に楽しんでいただきたいと思っております。ぜひ、劇場に足をお運びください。


<石川禅 as ビグリー コメント>

ハウ・トゥー・サクシードの日本初演はちょうど東京オリンピックの年で、僕が生まれた年でもあります。そんな大作に社長役として出演するなんて、年を重ねたんだなというのが率直な感想です。コメディの芝居を熟知されているベテラン俳優が受け継いできた役なので、全力を尽くして演じたいと思います。ダンスも全力で頑張ります!再演から参加させていただくのは初めてではないので、緊張感なく、役を精一杯演じることに集中していこうと思います。大変な世の中になりました…。皆さんの心に、心休める時間、楽しい時間をお届けしたいと思います。どうぞ、お楽しみに。


【STORY】

ビルの窓ふき清掃員フィンチ(増田貴久)は、ある日「努力しないで出世する方法」という本を読んで感化され、出世を強く意識するようになる。“入るべきは大企業”という本の教えに沿って、ワールドワイド・ウィケット社に飛び込んだフィンチは、偶然出会った社長のビグリー(石川禅)に直談判。そんな彼を一目で気に入った秘書のローズマリー(唯月ふうか)は友人である秘書のスミティ(林愛夏)とともに何かと世話を焼く。人事部長のブラット(黒須洋嗣)に社長の関係者だと勘違いされたフィンチは首尾よく入社、トゥインブル(ブラザートム)が郵便室長を務める郵便室に配属される。そこには社長の甥で出世を狙うバド(松下優也)がいた。本の教えに沿って行動するフィンチは、社長秘書のミス・ジョーンズ(春野寿美礼)にも気に入られ、ヘディ・ラ・ルー(雛形あきこ)という専属秘書も付き、出世はトントン拍子。ローズマリーとの恋も上手く運んで、全てが順調…だったある日、重大なアクシデントが発生。果たして、フィンチの幸運もこれまでなのか…!?


■ミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』

東京公演:2021年11月20日(土)〜12月7日(火) 東急シアターオーブ
大阪公演:2021年12月14日(火)〜16日(木) オリックス劇場
出演:増田貴久 唯月ふうか 松下優也 雛形あきこ 黒須洋嗣 林愛夏 ブラザートム/春野寿美礼 石川禅 ほか
演出・振付:クリス・ベイリー
翻訳・訳詞:高橋亜子
音楽監督:荻野清子
演出補:荻田浩一