テレビ東京系連続ドラマ『じゃない方の彼女』の主題歌となっているThinking Dogsの新曲『エキストラ』のミュージックビデオが本日20時にYouTubeで公開される。



本楽曲は、“じゃない方”をテーマに、主役にあこがれるエキストラの恋心を描いた歌詞が印象的だが、ミュージックビデオには、ドラマに出演中の山下美月(乃木坂46)、豊田裕大がドラマ撮影の合間を縫って参加。「彼氏じゃない方の主人公」と「憧れの彼女」という2人の登場人物をドラマとは違った表情で見事に演じ切っている。


今回のダンス曲でバンドとしての新機軸を打ち出しているThinking Dogsのポップな演奏シーンも更なる彩りを加えており、非常に見ごたえのある作品となっている。


<山下美月 コメント>

彼の妄想の中に登場する彼女をやらせていただきました!憧れの彼女感を出すために、衣装も色々なパターンを用意していただき、様々な場所に行ってナチュラルに楽しく撮影させていただきました。ポップなメロディとちょっと切ない歌詞にもピッタリあったMVです!是非皆さんにもこの世界観に入りながら聴いていただけたら嬉しいです。


<豊田裕大 コメント>

今回初めてのMV撮影が出演しているドラマの主題歌で、そこに参加することが出来てとても嬉しく思います。撮影は全てが新鮮で、特に、部屋のシーンではセットが独特かつ素敵だったので身を任せて楽しんで撮影することが出来ました。僕が演じた男の子は、MVの中で好きな人と付き合っている妄想で終わります。ですが、その先の未来で彼だけでなく、この楽曲を聴いた方、MVを見た方が「じゃない方から主役になるの」という歌詞と同じ様に、誰かの物語の主役になり幸せになれたらという想いを込めて演じました。誰かの想いを後押しする力になれたら幸いです。 是非一度ご覧いただければと思います。


<Thinking Dogs コメント>

この楽曲の「主役になれないもどかしさ」が描かれた歌詞の世界観を、山下美月さん、豊田裕大さんがまた新たなドラマのように表現してくださいました。僕らの演奏シーンと併せてたくさんの方に見ていただけたらと思っています。