映画『明け方の若者たち』(12/31公開)から、北村匠海、黒島結菜、井上祐貴らキャストによる「私と○○した方が○○かもよ?」特別企画映像が公開された。




Twitterでの“妄想ツイート”が話題となり、10〜20代から圧倒的な支持を獲得したウェブライター・カツセマサヒコの大ヒットを記録した話題の青春恋愛小説『明け方の若者たち』(幻冬舎)が映画化。主人公の<僕>役を務めるのは、ダンスロックバンド「DISH//」のリーダーで、『君の膵臓をたべたい』(17/月川翔)で第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『東京リベンジャーズ』(21/英勉)、『とんび』(22/瀬々敬久)など数々の作品で主演を務める北村匠海。


明大前の飲み会で<僕>が一目ぼれする<彼女>を演じるのは、映画『カツベン!』(19/周防正行)で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、2022年放送開始予定のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』でヒロインを務める注目の女優、黒島結菜。


新入社員の<僕>の同期で後に親友となる<尚人>役には、『ウルトラマンタイガ』(19/テレビ東京)で主演を務めて以降、数々のドラマや映画で活躍の場を広げ、実力をつけている人気急上昇中の俳優、井上祐貴を抜擢。


この度、本作『明け方の若者たち』から主演の北村匠海、黒島結菜、井上祐貴らキャストによる特別企画映像が公開された。公開された映像は本作の“「私と飲んだ方が、楽しいかもよ笑?」その16文字から始まった、沼のような5年間―。”というコピーにちなみ「私と○○した方が○○かもよ?」ということをそれぞれ発表するという企画。


和気あいあいとした雰囲気の中、北村は「私と“料理”した方が“楽”かもよ?」と、コロナ禍による自粛期間を経てどっぷりハマったという“料理“を発表。“最強のハンバーグ”と謳うオリジナルのハンバーグについて熱を込めて語り、思わぬこだわりに一同を驚かせた。


一方、黒島は「私と“散歩”した方が“健康になる”かもよ?」と発表。犬を飼っている黒島は朝から一時間ほど散歩に行くという。朝から充実した生活を送ることで健康にもなり自己肯定感も上がる!とアピール。井上は「私と“DIY”した方が“楽しい”かもよ?」と発表。北村と同じく自粛期間に目覚めたというDIYについて語った。最後にそれぞれ映画の見どころをアピールし映像は幕を閉じた。


■映画『明け方の若者たち』
12月31日(金)全国ロードショー
配給:パルコ
(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会