戦いが、終わった。巨悪に敢然と立ち向かい続けてきた『アバランチ』。その最終回は、つくり手たちが今届けたいメッセージが凝縮された45分だった。



※下記最終話、一部ネタバレあり

大山(渡部篤郎)の野望は打ち砕かれた。絶望的な状況から逆転勝利を掴み取った「アバランチ」。だけど、この作品らしいのは、ゴールを決めたのは「アバランチ」のメンバーではなく、その周辺の人たちだったということ。


押収した武器の横流しを公表した西城(福士蒼汰)の父・尚也(飯田基祐)。アバランチの真実を記事にした遠山(田島亮)。そして、大山を更迭した郷原(利重剛)。「アバランチ」は彼らにパスを送っただけ。一人ひとりがそのパスを受け取り、自分の意思でシュートを放った。

でもそれが「アバランチ」のやりたかったことなんだろう。世界は、自分たちの力だけでは変えられない。だけど、世界を変える力はなくても、隣にいる人の心を変えるぐらいのことはできる。そうやって人から人へ連鎖していけば、いつか「雪崩」だって起きる。いや、起こせる。


気づけば組織内の立ち回りばかりに腐心し、不正に手を染めていた尚也は息子の説得で目が覚めた。遠山の記者魂は、西城によって火をつけられた。昼行灯のようだった郷原は、意外に悪くないリーダーだった。彼らを動かしたのは、「アバランチ」の正義を信じる力。

終盤で語られた「アバランチ」のメンバーたちの告白が、このドラマのメッセージそのものだろう。自分が動いたところで何も変わらない。そうあきらめがちなすべての人たちへ、そうじゃないんだと。誰かが行動を起こすことで、また別の誰かも動き出せる。


沈黙や、無関心で、やり過ごすのはもうやめよう。世界を変えるのは、強靭なヒーローじゃない。声をあげられるのは、特別な強さを持った人だけじゃない。どこかから救世主がやってきて世界を変えてくれるのを待つのではなく、今、自分からアクションを起こしてみる。


昨年、「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグが広がり、ツイッターデモを起こしたように、一人ひとりの小さな勇気が、やがて社会を動かす風になる。たくさんの大切なことが、私たちのあずかり知らぬところでいつの間にか決められていたり。国家を揺るがす大問題でさえ、うやむやにされたまま、また別のニュースにかき消されたり。そんなことが当たり前に起こる今この時代だからこそ、『アバランチ』は一人ひとりの行動の重要性を訴えたかった。


最終回まで一貫してストーリーそのものはシンプルだった気がする。意外などんでん返しがあったわけでも、構成の妙があったわけでもない。でもそのシンプルさは、このメッセージをストレートに届けるためだったんだと思うと、なんだかとても納得できた。小手先の変化球ではなく、直球勝負。その渾身の豪速球に、最後は痺れるような気持ちにさせられた。


最終回も綾野剛は魂をぶつけるような演技で羽生誠一を生き抜いた。羽生の目は不敵なようで、実はとてもピュアだったと思う。たとえば、最終回冒頭の藤田(駿河太郎)と対峙するシーンでもそう。藤田に銃口を向けられた羽生は、絶体絶命の状況なのに、とても綺麗な目をしていた。あれは、人を信じている人の目だ。飄々としているようで、実はとても人間臭い。だから、血まみれの手でピースをする羽生を見て、どうか生きていてほしいと願う。架空の人物なのに、無事を祈って胸が苦しくなる。

その上で、久米(仁村紗和)に狙撃されたあとの顔は、鬼気迫るものがあった。大衆を前にした、言葉にならない咆哮。SPに取り押さえられ、地面に突っ伏す羽生。血まみれになりながら、ただ一心に郷原を見つめる。その執念は、狂気にも似ていて。炎が消える前に、一瞬大きくなるような、そんな気迫があった。

意識を失う直前、羽生は眉を寄せ、顔を歪める。あれは最後に笑ったのだろうか。それとも泣いたのだろうか。あの悲痛な顔が、今も鮮烈に焼きついている。



計画を見事に達成したときの山守(木村佳乃)の表情も良かった。「ここからが雪崩の始まりですから」と目を爛々と輝かせて笑う。その顔があまりにも怖くてゾクゾクした。一方で、「もうひとりで戦わなくていいんじゃないですか」と羽生に声をかけられ、肩を強張らせたまま涙を一筋流すところは人間らしくて、リーダーとしての強さと脆さの両面を木村佳乃がしっかりと見せてくれた。

西城、牧原(千葉雄大)、リナ(高橋メアリージュン)と羽生との関係性もそれぞれ微笑ましくて。撃たれた羽生に向かって西城が抱きつくところは、もうすっかり羽生の良き弟分みたいだったし、軽口を叩き合う羽生と牧原の関係はみんなの癒しポイントだった。口角をキュッとあげて笑うリナはいつもカッコよかったし、不在の打本(田中要次)がみんなの心の中にいることを感じさせてくれるような場面が多々あったところにもグッと来た。


一方、大山がこのまま引き下がるとも思えず、含みを持たせたところは、なんとも言えない余韻を残した。郷原に「大山さん、やりすぎちゃったね」と言われ、目を閉じ、万感の思いで天を仰ぐ。このアップでしっかり視聴者を惹きつけるのは、やはり渡部篤郎の存在感あってこそだろう。

『アバランチ』はとにかくつくり手たちの意志を感じる作品だった。今この時代に、こういう作品をつくりたい。こういうメッセージを視聴者に届けたい。その意志の強さが求心力となって観る人を巻き込み、「雪崩」を起こした。


最終回のサブタイトルは「尊厳」。それは、この国を生きる者としての「尊厳」であると同時に、この時代にエンタメをつくる者たちの「尊厳」とも受け取れた。


いいものをつくる。その気高き誇りがこれからも守られ続けることを、そしてそんな「尊厳」に満ちあふれた作品がこれからもつくられ続けることを、いちドラマファンとして願っている。


文:横川良明



『アバランチ』

カンテレ・フジテレビ系全国ネット

【出演】

綾野剛 福士蒼汰 千葉雄大 高橋メアリージュン 田中要次 利重剛 堀田茜 ・ 渡部篤郎(特別出演) 木村佳乃

【主題歌】

UVERworld(ソニー・ミュージックレーベルズ)

【監督】

藤井道人、三宅喜重(カンテレ)、山口健人

©カンテレ