ジャニーズJr.内ユニット・Travis Japanの松田元太が12日、都内にて開催された『君が落とした青空』“あおキュン”完成報告イベントに、福本莉子、板垣瑞生、横田真悠、莉子、Yuki Saito監督と共に出席した。


原作は、全国女子中高生に大人気の小説アプリ「野いちご」にて発表された櫻いいよの同名小説。主人公・水野実結を福本、実結の彼氏・篠原修弥を松田が演じる。


それぞれ、タイトルの“青空”をイメージした衣装で登壇したキャスト陣。福本は「それぞれの青空色で素敵だなって思います」と笑顔を浮かべ、螺旋階段から続く“青空カーペット”には「なかなかないですよね。レッドカーペットはありますけど、青空って素敵だなと思います」と語った。

松田はそんな福本を「莉子ちゃん、今日初めて見た時に『シンデレラ!』って思って。めっちゃ綺麗じゃんと思った」と絶賛していた。



また、映画初出演となる今作のオファーについて松田は「ドッキリかなんかかなと思った」と告白。「メンバーの宮近(海斗)と松倉(海斗)とパスタを食べてたんですけど、事務所に松田来なさい、と。『は?』と思って(笑)。そしたらこの『君が落とした青空』の資料をいただいて『マジですか』って」と当時の状況を振り返った。


さらに「パスタのほうに戻っていって『見て見て』って言ったら、(メンバーは)『え、絶対嘘だよ』みたいな。『やっぱ嘘かな』って」と当初は信じられなかったことを告白。続けて「でもすごく嬉しくて、親にもすぐ報告したり。今回はすごくいい経験になって楽しかったです」と喜びの大きさを明かしていた。


映画初出演ということで「わからないことだらけだった」という松田は、ジャニーズアイランド社長の滝沢秀明氏に相談したこともあるという。


松田は「滝沢くんに電話させていただいて『やばいかもしれない、ちょっとわからなくなってきました』って言ったら温かい言葉をくださって、なんとか乗り切れましたね」と告白。


アドバイスの内容を聞かれると「それは言えないですね。心に秘めておかせてください」と胸にとどめていた。


作品の展開にちなんだ「タイムリープで戻りたい学生時代」という話題では、松田が「中学時代の文化祭」と回答。


「男子校だったんですよ。隣に女子校があって、文化祭になるとその期間だけ門がぶち開くんですよ」と、文化祭期間だけは男子校と女子校の交流があったそうで、「その時にダンスを踊ったんですよ。Kis-My-Ft2さんの曲とKinKi Kids兄さんの曲を」と打ち明けた。


最近、当時の動画を見返す機会があったという松田は「めっちゃイタい奴らだなと思って。戻って自分たちに、『やめておいたほうがいいかもね』って一言言いたい。当時もうジャニーズに入ってるのに、文化祭でジャニーズの曲踊ってるんですよ。パンチ効いてますよね」とタイムリープしたい理由を説明。


「絶対に言わないでください。光一くんに届かないように書いてください」と報道陣に懇願していた。