世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは、制作会社スターサンズと共に企画製作するNetflixシリーズ『新聞記者』を、本日1月13日(木)より全世界同時配信。この度、本作より米倉涼子の新場面写真が解禁された。

2019年6月に劇場公開され、大きな話題を呼んだ映画『新聞記者』。近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込み、タブーに挑戦したといわれる衝撃的な内容とスリリングな展開、スタイリッシュな映像で第43回アカデミー賞の最優秀作品賞を含む主要3部門を獲得したほか、多くの映画賞を受賞した。そしてこの度、衝撃の問題作がさらにスケールアップし、全6話のドラマとしてキャストを一新、新たな物語であるNetflixシリーズ『新聞記者』が2022年1月13日(木)に全世界同時配信となる。


“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈を米倉涼子、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役に綾野剛、そして新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役に横浜流星と、豪華キャストが集結。監督は映画版に引き続き、藤井道人が務める。

この度、Netflixシリーズ『新聞記者』の配信開始を記念して、米倉涼子演じる主人公・松田杏奈の鋭い視線から泣き顔、遠く未来を見つめる儚げな姿など、様々な表情を捉えた新場面写真が解禁。これまで国民的人気を誇る『Doctor-X〜外科医・大門未知子〜』シリーズなど、圧倒的存在感でさまざまな“闘う女性”を演じてきた米倉が本作で扮したのは、いかなる同調圧力にも屈せず、政権の疑惑を追及する東都新聞記者・松田杏奈。「声なき声を届ける」という信念を貫き、官邸記者会見で忖度なしの質問を連発する彼女は一見、世間が米倉に抱く「強い女性像」そのものに見える。だが実は、様々な葛藤や孤独を抱えた人間味溢れるキャラクターだ。


強さだけでなく繊細で複雑な役どころに加えて、松田杏奈を単純な正義のキャラクターにはしたくなかった藤井監督の想いは数テイクに及んだ。これまで数多くの強い女性を演じてきたがゆえに、その強さを抑えることに苦悩した米倉だが、決して妥協することなく、1人の人間の感情を表現することにこだわる監督の要求に全力で応戦。持ち前の力強いオーラをあえて封印し、使命感だけでなく微かな徒労感、葛藤などを絶妙に表現し、重層的で血の通った記者を見事体現してみせた。それはまさに、これまでの米倉のパブリックイメージを一新させる、新たなヒロイン像の確立でもある。

映画版に引き続き、Netflix版も東都新聞編集局のシーンは東京新聞編集局で撮影が行われた。当初藤井監督の中には、映画版と同じ場所での撮影に抵抗があったが、編集局の窓から国会議事堂が見えるロケーションや、本の積まれ方一つとっても新聞社でないと出ない雰囲気など、東京新聞編集局より最適なロケ地はないと再認識。そのリアルな空気感は物語に緊張感をもたらしている。

リアリティへの追求は、米倉の役作りも負けていない。監督から手渡された松田のバックボーンが書かれた約2400字に及ぶキャラクターシートを何度も読み込み、そこから髪型を作り上げもした。また、米倉は監督とともに東京新聞へ事前に出向き、記者への“逆取材”を敢行。同年代の記者に「どんな靴を履いていますか?」「どんなバッグを持っていますか?」「ネイルはどれくらいしますか?」など事細かに質問。さらには実際の記者たちの仕事ぶりを何時間も観察しひたすらメモに落とし込んでいった。そんな松田杏奈顔負けの粘り強い徹底した取材による役作りが、リアリティのある芝居へと繋がっている。

米倉涼子の新たなるヒロイン像を生み出した、Netflixシリーズ『新聞記者』は、本日より全世界独占配信スタート。


■Netflixシリーズ『新聞記者』

Netflixにて全世界同時独占配信中
監督:藤井道人
出演:米倉涼子 横浜流星 / 吉岡秀隆 寺島しのぶ / 吹越満 田口トモロヲ 大倉孝二 田中哲司 萩原聖人 / 柄本時生 土村芳 小野花梨 橋本じゅん でんでん / ユースケ・サンタマリア 佐野史郎 / 綾野剛