JR東海は、東海道新幹線を利用するビジネスパーソンの 「会う」を応援していきたい、という想いを込めて、深津絵里を起用した TVCM『会うって、特別だったんだ。』を公開した。 


出張や帰省、旅行―東海道新幹線は、皆様の「出会い」とともにありました。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で世の中は一変しました。 ―「『会いたいのに、会えない』という日々を経験する中で、”会うことの価値“をもう一度見つめ直したい。」―


今回の CM キャンペーンはそんな想いから始まった。主演には「クリスマス・エクスプレス」シリーズに出演した深津 絵里を起用。「クリスマス・エクスプレス」シリーズは「東海道新幹線は人と人を結びつけるもの」というメッセージ を込めて 1988年からスタート。深津を起用した第1作は「会うのが、いちばん。」というキャッチコピーで展開し、多くの反響を呼んだ。あれから 33年。時代は変わり技術は進歩を遂げても、人と人の「会いたい」という気持ちはきっと変わらない。新型コロナウイルス感染症に気をつけながら過ごす日々が続くが、会いたい人に安心して会いに行けるその日に向けて、東海道新幹線はこれからも皆様の「会う」を支え続けていく。 また CM内の楽曲として、odol が「会うって、特別だったんだ。」をテーマにした新曲『望み』を書き下ろした。 


本映像では、大阪出張の帰り際、東京行きの新幹線に乗り込む深津絵里のシーンからスタート。座席に着くとコーヒーを一口飲み、窓の外を見ながらその日の出来事を思い返す。取引先と対面での打ち合わせ。 見本素材などを見ながら、深津は身振り手振りでプレゼンし、充実した議論が繰り広げられていく。 打ち合わせが終わり、ビルの 1階で別れの挨拶を交わす一同。深津は駅に向かって歩き始めるも、急に振り返る。そこには、照れくさそうな様子で手を振る取引先の姿。深津も同じく、少し恥ずかしがりながら手を振り返すのだった。 打ち合わせの後、少し心が近く。そんなビジネスのふとした瞬間を描き、「会うって、特別だったんだ。」というメッセージを映像化した。 


―どんな時代であっても東海道新幹線はビジネスパーソンの皆様を支え、働く方々を応援する存在であり続けたい―

この CMに込めた JR東海の想いをご覧いただきたい。