アーティストであり俳優の岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が18日、都内にて開催された映画『ウェディング・ハイ』完成披露試写会に、篠原涼子、中村倫也、関水渚、中尾明慶、向井理、高橋克実、大九明子監督と共に出席した。

本作は、芸人、タレントとしても活躍するほか、向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞するなど、脚本家としてもその才能を発揮する笑いの鬼才・バカリズムが手掛けた完全オリジナルストーリー。主演の篠原をはじめ、中村、関水、岩田、向井、高橋などオールスターキャストが集結、抱腹絶倒の波を巻き起こす。


今作の役柄について「こんな岩田剛典は見たことがない」とMCから指摘された岩田は「本当に自由にやらせていただいた」と回顧。


続けて「印象に残ってるのは、衣装合わせの時に、監督に僕からこの役を演じるにあたって、(関水演じる)新婦の元カレという役どころなので、職業とか、今何をやって生計を立てている設定なんですかと聞いたら『職業とか設定とかそんなものないの』って言われて(笑)。なるほど、とこの映画の中での自分の立ち位置を理解しました」と振り返った。


大九監督は「いろいろ想像を超えるポーズをしていただいてる。私が『こんな感じです』『やりたくないかもしれませんけど』と言うと、『なるほど』とすぐにパッとやってくれて、いつだって格好良い男でしたね」と岩田を絶賛。


岩田は「いやいや」と謙遜しつつ、「後半はずっと向井さんとイチャイチャしてる役なので、ぜひそのイチャイチャをお楽しみに」とアピールした。


また中尾は「個人的に、岩ちゃん(岩田)の尻が超きれいなんですよ」とうっとり。「まじできれいで、僕は今後、お尻のケアを頑張ろうと思いました」と岩田の臀部に刺激を受けたという。



岩田が「結構だらしない体してましたけどね。撮影の時」とへりくだると、大九監督は「またまたー!」と声を上げていた。