俳優の赤楚衛二、町田啓太が24日、都内で行われた映画『チェリまほ THE MOVIE 〜30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい〜 』の大ヒット御礼舞台あいさつに参加した。


童貞のまま30歳の誕生日を迎えたことにより“触れた人の心が読める魔法”を手に入れた安達(赤楚)と、彼に好意を抱く会社の同期の黒沢(町田)によるラブコメディドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称「チェリまほ」)。豊田悠氏による人気マンガを2020年にテレビ東京系で連続ドラマ化し、大ヒット。映画ではドラマのその後を描く。


ステージに登壇した赤楚は「また立たせてもらえるとは思っていなかった」といい、「僕にとって宝物のような作品。映画化が決まってすごくうれしかった。僕から話すより映画を見て感じとってもらえたらうれしい」とファンに呼びかけた。一方、町田も「“ありがとうございます”。この言葉に付きます。映画になって赤楚くんとみんなにまた会える、あの世界に行けるんだと思ったらワクワクしました。日々、ご意見やご感想をもらってその度に勇気づけられている」と感謝した。

劇中のアドリブシーンを聞かれると、赤楚が「みなさんわからないと思うけど、全編アドリブです」とにんまり。赤楚の冗談に、町田が「言ったね〜」とツッコむと、「すいません。どうしても発言したくて」といたずら顔。すると町田が「逆に(アドリブは)一切ありません」と“冗談合戦”を繰り広げて笑わせた。

好きなセリフを発表する場面では、赤楚が「めちゃくちゃベタだけど『愛してる』って言葉、すごくいいなって」と明かし、「いままで恋愛ものをやってきたけど、『愛してる』は言ったことがなくて。洋画を見ていると『愛してる』と言うけど日本(の作品)では『好き』になるので『愛してる』っていいな」とした。司会者から「赤楚さんの映画初『愛してる』は『チェリまほ』ということで…」と言われると、「どこかで言ってたらすいません(笑)」と笑っていた。


舞台あいさつなどで、赤楚がいたずら好きであることは周知の事実。今回の映画ではスタッフにいたずらを仕掛けたようで、赤楚は「衣装部のスタッフさんにおばけが嫌いな人がいて、僕は幽霊が見えるふりしてスタッフさんの肩の奥をずっと見つめていた。そしたら殴られました(笑)。ガチでキレられましたね」と苦笑いだった。


町田にはいたずらしなかったが、「赤楚くんのいたずらで現場が和やかになって、笑い合いながらできましたよ。僕も赤楚さんがやっていたので、はっちゃけていました」と告白。赤楚が「エレベーターでダンスしていたもんね」と話すと、「今回はテンションあがって色々していたね」と思い出しながら笑っていた。


舞台あいさつ後の写真撮影で「ポーズお願いします」と求められると、2人でファイティングポーズをしたり、“チェリまほポーズ”ではなく手をおにぎりの形にしたりとふざけながらも仲睦まじい様子をみせ、会場をほっこりさせていた。