動画配信サービス「Paravi」は「2021年度 年間視聴ランキング」を発表しました。 2021年4月1日〜2022年3月31日の再生人数が多かった作品をジャンル別に集計。 総合上位は『ドラゴン桜』、 『最愛』、 『着飾る恋には理由があって』とドラマが独占した。 


総合ランキング1位は阿部寛主演の『ドラゴン桜(2021)』に。 伝説の弁護士・桜木建二が生徒と東大受験に挑むストーリー。 Paraviで独占配信中の前回シリーズ『ドラゴン桜(2005)』と一緒に視聴する方が多く見られた。 本作は国内ドラマランキングでも1位を獲得した。



バラエティ部門1位は『水曜日のダウンタウン』。 個人が妄信的に信じ込む"説"を、芸能人・有名人たちがプレゼンし"説"を徹底検証していく、トーク&情報エンターテインメント番組。 Paraviではパンサー・尾形貴弘が出演する説をピックアップした「尾形傑作選」なども人気となっている、


テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編がアニメ部門の1位に輝いた。 無限列車での任務を終えた炭治郎たちの次なる任務を描く遊郭編では、 新たな戦いが幕を開けます。 Paraviではテレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編も好評配信中だ。 




■Paravi2021年度 年間視聴ランキング ジャンル別1位作品

総合:ドラゴン桜(2021)

国内ドラマ:ドラゴン桜(2021)

バラエティ:水曜日のダウンタウン

アニメ:テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編

ビジネス・日経:ガイアの夜明け

国内映画:不倫白書

韓流・アジア:彼女はキレイだった(字幕版)

スポーツ:Let's!美バディ

音楽・ステージ:ミュージックバンク