TBSで毎週金曜よる10時から放送している高橋一生主演の金曜ドラマ『インビジブル』。本作は“クリミナルズ”と呼ばれる凶悪犯を捕まえるために、刑事と犯罪コーディネーターという絶対に相容れないはずの2人が異色のバディを組む前代未聞の犯罪エンターテインメントだ。

主人公の刑事・志村貴文が凶悪犯“クリミナルズ”を逮捕するために、犯罪コーディネーター“インビジブル”であるキリコと手を組む覚悟を決めた第2話では、息の合ったコンビネーションで、少年犯罪者たちを食い物にするクリミナルズ“調教師”を逮捕した2人。


物語ラストの死闘のアクションシーンには、「急展開すぎる!」「ハラハラが止まらない」などのつぶやきがSNS上で飛び交った。さらに事件解決後、自らを危険にさらしてクリミナルズを呼び寄せたキリコに対して志村が投げかけた一言には、2人が今後どんなバディになるのかと期待を寄せる声が溢れた。


今夜放送の第3話では、遺体をアート作品に仕上げて展示するのが趣味だというクリミナルズ“演出家”を捕らえるために、志村はキリコが持ち掛けた危ない逮捕作戦に乗ることに。一方、キャリア監察官の猿渡(桐谷健太)を尊敬し、猿渡と度々衝突する志村を敵視していた刑事の磯ヶ谷(有岡大貴)が、捜査中に危険な状況に・・・。そして、志村とキリコの関係を怪しむ猿渡が本格的に2人の内偵を始め、物語は大きく動き出す。果たして、志村とキリコは“演出家”を捕らえることができるのか。 志村と猿渡の関係は一体どうなるのか・・・。


刑事と犯罪コーディネーターがバディを組む前代未聞の犯罪エンターテインメント、金曜ドラマ『インビジブル』第3話は、今夜10時から放送。お見逃しなく。


■第3話あらすじ

志村貴文(高橋一生)が女性殺害の容疑で逮捕された。間もなく容疑は晴れたが、キリコ(柴咲コウ)によると、女性を殺してショーウィンドウに展示したのは「演出家」と呼ばれるクリミナルズで、遺体をアート作品に仕上げて展示するのが趣味だという。さらに、キリコは「演出家」がすでに次の殺害を請け負っていることを予告し、「演出家」を捕らえる為に志村にある作戦を持ち掛ける。キリコが持ち掛けた危険な作戦に捜査一課長の犬飼彰吾(原田泰造)は猛反対するが、志村はキリコの作戦に乗ることを決める。


一方、志村とキリコの動向の全てが気になる監察官の猿渡紳一郎(桐谷健太)は、磯ヶ谷潔(有岡大貴)と五十嵐夏樹(堀田茜)の捜査に同行することに。


そんな中、キリコは知り合いでハッカーのラビアンローズ(DAIGO)に「演出家」の動向を探るように依頼。ラビアンローズからの情報を元に、磯ヶ谷らが現場に向かうが・・・。



金曜ドラマ『インビジブル』

毎週金曜よる10:00〜10:54

(C)TBS