5月5日に『やんごとなき一族』の第3話が放送された。これまで上流社会に嫁いだ佐都(土屋太鳳)と深山家一族とのギャップに笑わせて(?)もらうエピソードが多かったが、今回はかなりシリアスモード。深山家三男夫婦、大介(渡邊圭祐)とリツコ(松本妃代)の決断に思わず涙が出た回となった。


※以下第3話一部ネタバレあり

まずは今週の佐都と健太(松下洸平)のイチャコラシーンから。2人のラブラブな姿があるからこそ、佐都のいじめられるシーンが映えるというもの。冒頭から糖度たっぷりなラブラブシーンが展開。佐都は秘書となった泉(佐々木希)のことで健太に迫る。「健太ってさ、泉さんのこと好きだったんでしょ?」。とぼけようとして、とぼけられずに慌てる健太が可愛すぎる。謝る健太のほっぺをつまむ佐都だが、もちろん、佐都も本気で怒っているわけではない。だからこそ、ほっぺをつままれながらも健太は笑顔満開だ(この笑顔はずるい。たとえ怒っていても何も言えなくなってしまいそう)。


その後、軽くキスをして、本気のキスをしようとするも気になるのはドアの向こう側。ドアを開け、誰もいないことに喜ぶ健太に佐都はジャンピングハグ。うほっ、松下洸平に受け止められるなんて、どんだけ幸せ者なんだ!これだけでも深山家に嫁いだかいがある。SNSでは「新婚さんのイチャイチャ甘々たまらん」「イチャイチャがもうニヤニヤ通り越してグヘグヘ言いながら見ると幸せ過ぎ」「まじで2人のイチャイチャ見るためだけに見てるよ…笑」などのコメントが寄せられた。


今回の美保子(松本若菜)による“松本劇場”はというと、誕生日が同じ日にもかかわらず、佐都と健太が2人で祝うことができずに開演。

「バッドバースディトゥユー」という歌詞から始まり、「バッドバースディディア佐都さん、ぼっちバースディフォーユー」。この替え歌を本当に楽しそうに歌う嫌味ったらしい美保子だが、なぜか憎めない微妙なさじ加減の芝居と演出。実は、これこそが『やんごとなき一族』の一番の魅力といってもいいかもしれない。

そしてメインは大介とリツコの離婚騒動。健太が進めようとしたプロジェクトの相手はザラスホテルグループ。だが、リツコの父はザラスホテルグループの経営者・万野誠(石黒賢)であり、2人の離婚が成立すれば、健太のプロジェクトにも支障が出てしまう。いつもニヒルな笑顔を浮かべ、佐都が健太と結婚したときも、他人事のように接していた大介。そんな大介が健太に本心を打ち明けるシーンは、リツコが佐都に自分の思いを明かすのと同時だった。結婚当初の幸せそうな姿がフラッシュバックし、語られる2人の思い。あれ、もしかして大介もリツコも意外と普通の感覚を持っている?ということを知り、深山家での苦しい日々を送っていた2人に胸を打たれた人も多かったに違いない。

まもなくリツコの父、万野が深山家を訪れたとき、リツコは「離婚します」と宣言。このときリツコは「私は大介さんを愛していません」と言っている。しかし、佐都にだけはお見合いの席で会った大介のことを一目ぼれしたと言っていた。きっと、大介を思っての言葉だったのだろう。あえて「愛していない」と言うことで、大介が発言しやすい状況を作り出したのだ。この思いに大介も答え、初めて逃げることをやめた。お互いが幸せになるため、離婚し、家を出ていくことを父、圭一(石橋凌)と万野パパに願い出る。もうね、まさかの展開でしたよ。確かに、お金使い放題で浮気し放題の大介はガキんちょと言ってもいい。でも、この宣言ですべて許してしまいました。


なのに、めちゃくちゃムカついたのが万野パパ。圭一が2人の離婚を認めないのはキャラ的にも予想がつく。だが、娘のことを思って、万野パパは優しい言葉をかけるかと思いきや、圭一と同じ傲慢オヤジだった。そんな中、「私はリツコさんと大介さんの決断を応援します!」。佐都、よくぞ言った。

一方で健太の切なそうな表情が印象的である。家族である弟の離婚を受け止めるのはつらいが、大介の気持ちも尊重したいという思いが出ていた。



ただ、プロジェクトを長男、明人(尾上松也)にすると圭一が言った瞬間、慌てた健太にはちょっと失望。大介とリツコの離婚を応援した以上、こうなることはわかっていたはず。ここは堂々と受け入れてほしかった。美保子は密かにガッツポーズしていたけどね。


次回、離婚をかけた指令とは?佐都と健太の前に立ちはだかる難攻不落の壁。早く次が見たくてたまらな〜い。


文:今 泉


第4話あらすじ

深山佐都(土屋太鳳)は大介(渡邊圭祐)とリツコ(松本妃代)の離婚に加担したと、圭一(石橋凌)の怒りを買い、深山家から追い出されようとしていた。圭一は健太(松下洸平)に離婚届を渡すが、健太は何があっても佐都とは別れないと答える。すると佐都は、もう一度チャンスが欲しいと圭一に頼み、健太と二人で頭を下げる。

圭一は、新たに建てる商業ビルにパリの有名レストラン『ソリマチ』を招聘できたら先の件は不問にすると佐都と健太に言い渡す。だが、そこには彼のある思惑があって…。一方、健太に代わりに福岡のホテルを任されることになった明人(尾上松也)は、圭一からホテル事業を行う新会社社長の椅子をほのめかされる。美保子(松本若菜)は今度こそ佐都、健太夫婦を叩き潰そうと明人を焚きつけた。 


佐都と健太は『ソリマチ』のオーナー、反町を探す。彼の経歴を必死に調べ、健太はようやく会うことに成功するが、反町の返事は芳しくない。だが、健太は反町のバックに“マダムキリコ(長谷川京子)”という人物がいるとの情報を得る。

しかし、年齢、国籍、性別まで不明とキリコは謎だらけ。佐都と健太が考えあぐねていると、そこに大介が現れる。大介は、佐都たちが見ていたキリコの情報に反応し…。



『やんごとなき一族』

毎週木曜 よる10時

©フジテレビ