松竹、アスミック・エースの共同配給作品として、映画『ホリック xxxHOLiC』が4月29日より絶賛公開中。原作は、累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミック。『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が、艶やかで華やかな圧巻ビジュアルで、今回初の実写映画化に挑んだ。


人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生:四月一日(神木隆之介)が、対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれる【ミセ】(店)に迷い込み、ミセの女主人・侑子(柴咲コウ)と出会うことで、不思議な運命に足を踏み入れていく様子が描かれている本作。公開から2週間が経過した現在でも本作への熱い声は止まることがなく「何度見てもいい!」「美しすぎる」「最初から最後まで引き込まれる!」など、リピートする人も出てきており、蜷川実花監督の持つ唯一無二の映像世界に心奪われる人がどんどん増えている。

そしてこの度、【四月一日&百目鬼vs女郎蜘蛛&アカグモ】アクションシーンの本編映像が解禁された。

女郎蜘蛛は“アヤカシ”を操り四月一日(神木隆之介)を襲う妖艶な悪女で、対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれる【ミセ】の女主人・侑子(柴咲コウ)とは敵対関係にある。また“アヤカシ”を視ることができる四月一日の特別な能力を狙っており、甘い言葉を囁き誘惑しながら、知らず知らずのうちに四月一日を術中にはめていく恐ろしい存在だ。

今回解禁された本編映像は、そんな女郎蜘蛛の罠に嵌った四月一日が、自らの意思で抜け出そうと闘うシーン。不機嫌そうな表情で「大きい声出す人、嫌い」と言いながら、片手で軽々と四月一日を持ち上げ首を締めあげる女郎蜘蛛。その超人的なパワーに恐怖を感じ、腕を振り解こうともがく大ピンチの四月一日の背後から現れたのは…弓を構えた同級生の百目鬼(松村北斗)。更に、不敵な笑みを浮かべる女郎蜘蛛目掛けて百目鬼が射た矢の前に、「やめろ!」と叫びながら現れたのは女郎蜘蛛に心酔する手下のアカグモ(磯村勇斗)。身を挺して彼女を守ったのだ。

圧倒的な強さを誇る女郎蜘蛛と、命に代えてまでも彼女を守ろうとするアカグモのコンビを前に、果敢に立ち向かう四月一日と百目鬼。果たして二人の運命は!?バトルの結末が気になる映像となっている。



■映画『ホリック xxxHOLiC』

絶賛公開中
出演:神木隆之介 柴咲コウ 松村北斗 玉城ティナ 趣里 / DAOKO モトーラ世理奈 磯村勇斗 吉岡里帆
配給:松竹 アスミック・エース

©2022映画「ホリック」製作委員会 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社