『嘘を愛する女』『哀愁しんでれら』『先生、私の隣に座っていただけませんか?』など、クオリティの高い作品を輩出してきたオリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017」の準グランプリ作品の映画化で、先日開催された世界三大ファンタスティック映画祭の一つ、第42回ポルト国際映画祭のファンタジー部門にて審査員スペシャルメンションを獲得した『この子は邪悪』が、9/1(木)より新宿バルト9他にて全国ロードショーされる事が決定した。また、ティザービジュアル&特報も解禁となった。

かつて一家で大きな交通事故に遭った事で、心に傷を負った主人公・窪花を演じるのは、初主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』でブルーリボン賞を始め、数々の新人賞を受賞した南沙良。また、花と心を通わせる少年・四井純を演じたのは、単独では初の映画出演となる大西流星(なにわ男子)。


そして、植物状態から目を覚ました花の母・窪繭子を桜井ユキ、脚に障害を負った花の父・窪司朗を玉木宏が熱演。さらに、監督・脚本を務めたのは、数多くの脚本を手掛け、3冊の小説も執筆し、監督としては本作が長編3本目となる片岡翔。演技と個性に秀でた豪華キャストが集結し、マルチに活躍する新進気鋭の監督によるオリジナル作品がここに誕生した。

解禁となったティザービジュアルは、主人公・花を真ん中に、少年・純、母・繭子、父・司朗と共に、顔に火傷を負った花の妹・窪月が左右に並んでいる。一見、幸せそうに見える家族写真は何故か切り刻まれており、“世にも奇妙な家族の話”というキャッチコピーが、その不穏さと危うさを醸し出すビジュアルとなっている。また、大胆に切断された写真をよく見ると、無表情の花、笑顔の純と足元のウサギ、対照的な表情が組み合わされた繭子と司朗、マスクの月と手元のぬいぐるみなど、“みんなおかしい”というキャッチコピー通り、作品への想像力を掻き立てる細かいギミックが多数盛り込まれている。

一方、特報では、メリーゴーランドに乗る幸せそうな4人の家族が不慮の事故に遭うシーンから始まる。花は心に傷を負ったまま5年の歳月が流れるが、そんなある日、司朗が植物状態から目を覚ました母を連れて家に帰ってくる。「お母さんだよ、目を覚ましたんだ」と嬉しそうに言う父と、母と抱き合う妹を見て、違和感を覚える花。それ以来、父も妹も母もみんなおかしいと感じていた花は、「あの人はお母さんじゃなかった」と純に助けを求め、純も優しい眼差しで「大丈夫だよ、僕がそばにいるから」と花に寄り添うが…。こちらも、ティザービジュアル同様、不穏なシーンが盛り沢山な特報となっている。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の出演を控える南沙良、『鹿楓堂よついろ日和』で好演を見せた大西流星(なにわ男子)、『真犯人フラグ』の桜井ユキと『マイファミリー』の玉木宏、『ノイズ』の片岡翔が放つ、予想外の展開と想定外の結末が待ち受けるストーリーに注目だ。さらに、映画公開に先駆け、7/8(金)に小説版が徳間文庫より発売する事も決定。映画とは一味違った物語を公開の前に読む事が出来るので、こちらも乞うご期待。

<ストーリー>

心理療法室を営む窪司朗の娘である花はかつて一家で交通事故に遭い、司朗は脚に障害が残り、母は植物状態に、妹は顔に火傷を負った。その事故で心に傷を負った花のもとに、自身の母の心神喪失の原因を探る少年・四井純が訪れる。花は純と次第に心を通わせていくが、ある日突然、司朗が5年間の植物状態から目を覚ました母を連れて家に帰ってくる。司朗は「奇跡が起きた」と久しぶりの家族団らんを喜ぶが、花は違和感を覚える。「この人、お母さんじゃない―」。



■映画『この子は邪悪』

9/1(木)より新宿バルト9他にて全国ロードショー
出演:南沙良 大西流星(なにわ男子) 桜井ユキ 渡辺さくら 桜木梨奈 稲川実代子 二ノ宮隆太郎 玉木宏
配給:ハピネットファントム・スタジオ

© 2022「この子は邪悪」製作委員会