秋★枝による同名人気コミックを、神尾楓珠主演、西野七瀬ヒロインで映画化した『恋は光』が6月17日(金)より全国ロードショーとなる。このたび、主人公の西条(神尾楓珠)を取り巻く個性豊かな女子3人が、“恋の定義”を巡って軽妙な会話劇を繰り広げる食事シーンの本編映像が解禁された。



原作は、“恋する女性が光を放ってキラキラして視える”という特異な体質を持つ男子大学生の初恋を描き、恋愛感情に振り回されながらも、“恋って何だろう?”と「恋」の定義について考察する主人公たちに、ウルトラジャンプ連載時から共感の声が多く寄せられ話題となった、『恋は光』。“恋の光”が視える西条はある日、「恋というものを知りたい」と言う文学少女・東雲と出会い一目惚れ、“恋の定義”を語り合う交換日記を始めることに。そんな2人の様子は、西条にずっと片想いをしている幼なじみの北代の心をざわつかせる。さらに、他人の恋人を略奪してばかりの宿木は、西条を北代の彼氏と勘違いし、猛アプローチを開始。いつの間にか4人で“恋とはなんぞや?”を考えはじめ、やがて不思議な四角関係に……。数千年もの間、人類誰しもが悩んできた「恋」を、果たして彼らは解くことができるのか―?そして、それぞれの恋の行方はー?

“恋の光”が視える大学生・西条を演じるのは、いま最も注目を集めている俳優・神尾楓珠。西条にずっと片想いをしながらも「光っていない」と言われてしまう幼なじみの北代を、西野七瀬が演じ、共演には、平祐奈、馬場ふみかが顔を揃える。脚本・監督は、『ももいろそらを』、『殺さない彼と死なない彼女』と、美しい画作りが国内外から高く評価されている小林啓一。風光明媚な、情緒に溢れたロケーションは、原作の空気感を捉えている。


今回解禁になったのは、おしゃれな雰囲気の居酒屋で北代(西野七瀬)、東雲(平祐奈)、宿木(馬場ふみか)の3人が女子会をする場面。


西条を北代の彼氏だと勘違いしていて、さらに東雲も西条と“恋の定義”を語り合う交換日記をしていると知った宿木は、他人の恋人を略奪する恋愛を繰り返す性分にスイッチが入り、自分も仲間にしてほしい、と提案。人を疑うことを知らないピュアな東雲は快諾し、北代は渋々見守ることに…。


映像では、西条と東雲の交換日記のやり取りを読んだ宿木が「意味わかんないんだけど」とピシャリ。それに対し東雲は「確かに医学に関して全くの門外漢のわたしが、ありものの知識でアプローチしたことが…」と真面目な回答をしようとすると、しびれを切らした宿木は「ああわたしこの人好きだわぁと思ったら、それが恋でしょ?」と明言。他人の恋人ばかりを奪ってきた、ある意味恋の猛者である肉食女子・宿木のシンプルな回答に「天才ですね!」と、東雲は感銘を受ける。


西条を巡って、恋のライバル同士であるはずの女子3人が“恋の定義”をテーマに軽妙な会話劇を展開。キャラクターそれぞれの“恋”に対しての考え方・捉え方の違いも垣間見える映像となっている。


【ストーリー】
“恋の光が視える”その特異体質ゆえに恋を遠ざけていた男が、ついに恋を知る―!?
“恋する女性が光って視える”特異な体質を持つ大学生・西条。恋愛とは無縁の学生生活を送っていたある日、「恋というものを知りたい」と言う文学少女・東雲と出会い一目惚れ、“恋の定義”を語り合う交換日記を始めることに。そんな2人の様子は、西条にずっと片想いをしている幼なじみの北代の心をざわつかせる。さらに、他人の恋人を略奪してばかりの宿木は、西条を北代の彼氏と勘違いし、猛アプローチを開始。いつの間にか4人で“恋とはなんぞや?”を考えはじめ、やがて不思議な四角関係に…。




■『恋は光』
2022年6月17日(金)全国ロードショー
【出演】
神尾楓珠
西野七瀬
平祐奈 馬場ふみか
伊東蒼 宮下咲 花岡咲 森日菜美 山田愛奈 田中壮太郎
【原作】秋★枝『恋は光』(集英社ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ刊)
【劇中歌】She & Him 『Sentimental Heart』(Merge Records/Bank Robber Music)
【配給・宣伝】ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA

©秋★枝/集英社・2022 映画「恋は光」製作委員会