1984年から1995年まで「週刊少年ジャンプ」で大人気作品として連載され、常にトップを走り続けてきた日本を代表する伝説的漫画『DRAGON BALL』。コミックスは全世界累計2億6000万部と驚異的な記録を叩き出し、連載終了後もなお、テレビアニメ・映画・ゲームなど様々なメディアミックスでファンを魅了し、全世界で桁外れの人気を誇っているモンスターコンテンツ。2015年に原作者・鳥山明原案による新シリーズ『ドラゴンボール超』がスタートし、映画では2013年に17年ぶりの劇場版シリーズが復活し立て続けに大ヒットを連発する中、前作『ドラゴンボール超 ブロリー』は全世界興行収入135億円超えとなる『ドラゴンボール』史上最大のヒットを記録。常に高みを目指し進化し続けてきた『DRAGON BALL』シリーズの最新作映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』がついに6月11日(土)に公開した。




本作は全国407スクリーン(内IMAX版38スクリーン)で公開。土曜日の動員数30万人、興行収入日曜日の動員数20万人、興行収入は6.7億を超え、大ヒットスタートとなった。さらに、週末動員数ランキング、週末興行収入ランキングともに、話題の『トップガン マーヴェリック』をおさえ、堂々の1位を獲得。


本作は原作・脚本・キャラクターデザインを担当した鳥山明渾身の一作で、最新技術を駆使した最高密度の映像クオリティに鳥山ワールド全開のコミカルなギャグ満載の日常シーンと大迫力のバトルが楽しめる物語が見どころ。観客からは「マジで最高でしたッ! ワクワクが止まらないストーリーと めちゃくちゃ迫力のあるバトルが 激アツすぎた!! 悟飯…ピッコロさぁぁぁん! スーパーヒーローだよ!最高!」「今までのドラゴンボール映画とはまた違った感動と笑いと驚きが沢山ある映画でした!!!!!なんだこれ!!」「最初はほのぼのしたり笑ったりしたけど バトル始まってから鳥肌が立ちまくり!!! 最高でした!!!!」「映像美に惚れ込んでしまいました!」「開始5分でもう一回観たくなりました 最初から最後までずっとヤバい」「ドラゴンボールで泣くと思わなかった」といった熱量の高いコメントが数多く寄せられ、胸アツ&激アツな展開と最新技術による映像美&大迫力のバトルシーンに陶酔した観客が続出し、早くもリピートを決める人も。


さらに、観客のみならず、鳥山明本人からも「ひとことで言って、スゴいアニメ映画です!」「ドラゴンボールかぁ・・・などと迷っている皆さんがいたら、ダマされたと思ってご覧になってください。きっと映画館を出るとき、テンションが上がっていますよ〜!」と大絶賛のコメントが到着。今回コメントに添えられている鳥山ロボはピッコロ仕様の特別なイラスト。まだ、本作を観ていない人はぜひ劇場へ足を運ぼう。


■『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』

超ヒット上映中!

声の出演:野沢雅子 古川登志夫 久川綾 堀川りょう 田中真弓 草尾毅 皆口裕子 入野自由 神谷浩史 宮野真守 ボルケーノ太田 竹内良

©バード・スタジオ/集英社 ©「2022ドラゴンボール超」製作委員会