PARCO劇場で、パルコ・プロデュース2022『VAMP SHOW ヴァンプショウ』が上演される。8月8日(月)〜8月28日(日)の東京公演を皮切りに愛知、大阪、福岡と巡演。




VAMP SHOWとは

本作は、1992年、サードステージのプロデュース公演として初めて上演された伝説の舞台。2001年にはパルコ&サードステージ提携プロデュースとしてPARCO劇場にてキャストを一新し、池田成志の演出で上演された、三谷幸喜作、異色のホラー・コメディ。楽しく旅する5人組の吸血鬼。うっそうとした森に囲まれたさびれた山間の駅にたどり着く。駅には駅長と、電車を待つ女性が一人・・・。西村雅彦、古田新太、池田成志(1992年)、佐々木蔵之介、堺雅人、河原雅彦、橋本じゅん、伊藤俊人(2001年)と、当時の若手実力派俳優が出演し、上演してきた幻の作品がついにPARCO劇場へ帰ってくる。



全キャスト&コメント、ビジュアルも解禁

2001年版で出演していた河原雅彦が演出のバトンを受け継ぎ、キャストには前回発表になった、岡山天音、平埜生成、戸塚純貴、塩野瑛久、尾上寛之に加え、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』やドラマ『過保護のカホコ』『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』など話題作への出演が続いており、7月にはドラマ『雪女と蟹を食う』の出演も控えている注目の若手俳優久保田紗友。また、数々の舞台に出演し、連続テレビ小説『エール』や、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』など映像作品でも活躍、2022年には映画『20歳のソウル』の公開も控えている菅原永二の2人が決定。全キャスト発表に合わせて、脚本家、演出家、キャストからコメントが到着した。


そして21年ぶりにPARCO劇場に戻ってきた、吸血鬼たちによる“新たなヴァンプショウ”を象徴するようなビジュアルが完成。5人の吸血鬼を演じる岡山、平埜、戸塚、塩野、尾上はそれぞれの役柄のイメージカラーをポイントに使った発光するマントとヴァンパイアカチューシャに身を包み、深夜の渋谷PARCOを飛び回った。


脚本家:三谷幸喜、演出家:河原雅彦 コメント

<脚本家:三谷幸喜 コメント>

クスクスとかゲラゲラをメインにやって来ましたが、この作品は珍しく、ゾワゾワとかハラハラに満ち溢れています。ワクワクしてお待ち下さい。


<演出家:河原雅彦 コメント>

僕は21年前このお芝居にキャストとして参加していて、その時の記憶は大変おぼろげながら、とにかくみんなでやかましくわーきゃーやってた、みたいな感触だけは残ってて。DVDで見直してみたら想像以上にやかましくて驚きました。今をときめく俳優さん達が汗だくで、それはそれは楽しそうで。三谷さんの本を預かるのは初めてで多少緊張もしますが、いわゆる三谷作品とは手触りが違うし、わーきゃーはわりと得意な方なので、フレッシュで魅力的な新キャストのみんなでまたわいわいやれたらいいんじゃないでしょうか。夏だし。ホラーでコメディだし。もう若くはないけど頑張ります。


キャストコメント

<岡山天音 コメント>

コメディなのか、はたまたホラーなのか、一言では括れない摩訶不思議な世界の幕開けを心待ちにしております。今作のような風合いの舞台に立たせていただく事が初めてなので、「VAMP SHOW」と向き合う時間が自分にとってどんな体験となるのか、キャスト、スタッフの皆様と破茶滅茶に楽しめたらと思います。劇場で5人の吸血鬼たちと、刹那的な瞬間を存分に楽しみましょう。


<平埜生成 コメント>

PARCO劇場は、改修前の客席の背もたれの擦れがハートに見える空間だった頃から通い続けていて、本当に立ちたい劇場だったので、まず嬉しい気持ちでいっぱいです。個人的に再演がすごく好きで、先輩方が創られてきたものを受け継ぐような感覚があって、今回はそういった意味でも楽しみです。『VAMP SHOW』は思った以上に怖い作品だなと思います。

お化け屋敷的な怖さではなく、「次に一体何が起こるんだろう?」「え?そういうことだったの?」というような後からゾクゾク来るような。そこに三谷さん作品ならではのユーモアが沢山詰まっていて、今観ても素敵な作品です。同世代の出演者が多いので、お互い意識しながら刺激し合いながら、青春のような舞台創りの現場になると思います。この夏一番のエンターテインメント作品になると確信していますので、ぜひ劇場にお越しください。


<戸塚純貴 コメント>

あの「VAMP SHOW」の21年ぶりの再再演に参加させていただけること大変光栄に思います。さらにこの新しくなったPARCO劇場で復活することに大変興奮しております。三谷さんならではの喜劇と悲劇の狭間を描く衝撃と演劇から溢れ出る勢いとエネルギーに圧倒され、30年以上前に描かれた作品とは思えないほど今見ても新鮮に観える作品だと思いました。

これを生で劇場で観ていただけると思うと嬉しくてゾクッとします。これから個性豊かすぎるキャストの方々と作品創りができることがとても楽しみでありますし、演出の河原さんからたくさん吸収して、当時のお話も色々伺ってみたいです。21年ぶりに蘇る新たな「VAMP SHOW」に全身全霊で挑みたいと思います。是非、劇場で、生で、刮目してみていただきたいです。


<塩野瑛久 コメント>

僕にとって久しぶりの舞台出演になるのですが、それが三谷幸喜さんが書かれた作品の21年ぶりの再再演、そして出演者である河原雅彦さん演出で上演という素敵な公演に携われて本当に光栄です。台本を読んで、“ホラー・コメディ”の中でもコメディの要素が強いのかなと最初は思ったんですが、話が進んでいくにつれて不気味さや、引っかかるところが見えてきて、笑えるんだけどゾッとする、不思議な引力がある作品だなと感じました。

河原さんとご一緒するのは初めてですが、21年前河原さんが演じられた役をいただいたので、楽しみ半分、緊張半分で、稽古に臨めたらと思っています。「21年前の舞台観に行きました」という声もいただいて、身の引き締まる思いです。僕自身久しぶりに舞台に立って、劇場で直接お客様にお会いできるのを楽しみにしています。


<尾上寛之 コメント>

演劇人として、いつかはどんなかたちであれ関わりたいと思っていた三谷幸喜さんの作品に、河原雅彦さんの演出で出演できるということで、とっても興奮しましたし、今、幸せを感じています。台本を読んでみて、本当に31年前に書かれた作品なのかと思うくらい、会話の感覚だったりが新鮮で、「名作は色褪せない」まさにそういう作品だと思います。

河原さんとは7年ぶりにご一緒しますが、「こいつ成長したな」と思ってもらえるように頑張りたいです。ヴァンパイアチームの中では僕だけ少し年齢が上なのですが、フランクに話せて、パワフルなメンバーなので、刺激をもらいつつ、僕も支えていきたいです。前回ご覧になった方にも初めての方にも楽しんでいただける作品になると思いますので、ぜひ劇場でご覧ください。


<久保田紗友 コメント>

私自身、初めて大きな舞台に出演するので緊張しているのですが、三谷幸喜さんの作品、河原雅彦さんの演出ということでワクワクもしています。稽古や本番で初めてのことも沢山あると思いますが、悩んだりすることもひっくるめて、楽しみですし、役者として舞台に立てることは、きっと宝物になるような経験だと思うので、今は期待感が大きいです。物語を大きく動かす役だと思うので、責任を感じていますし、丁寧に演じていきたいと思っています。

21年ぶりの再再演ということでお客様の期待も高まっていると思います。期待を上回る作品にできるよう、先輩方からたくさんのことを学んで吸収して、成長した姿を舞台上でお見せしたいです。


<菅原永二 コメント>

初めての三谷幸喜さん脚本の作品、初めての新生PARCO劇場ということで嬉しく光栄に思っています。初演は30年前、21年ぶりの上演ということですが、コメディだし、ホラーだし、台本も一気に読めてしまう楽しさがあって、年月を感じさせない完成された魅力のある作品なので、これはお客様にも絶対楽しんでもらえると思います。

初演は三谷さんご本人が、再演は手塚とおるさんが演じられた役で、プレッシャーを感じないというと嘘になりますが、信頼する河原さんの演出のもと、僕なりにこの役を楽しんで演じたいと思います。たくさんのお客様に観ていただきたい作品です。劇場に足をお運びいただけると嬉しいです。


■パルコ・プロデュース2022『VAMP SHOW ヴァンプショウ』

東京公演:8月8日(月)〜8月28日(日)@PARCO劇場

※愛知、大阪、福岡公演あり

企画・製作:株式会社パルコ