イギリスのDJプロデューサーのジョナス・ブルーが出演する7月29日のフジロックフェスティバル’22のステージに、SKY-HIが立ち上げたマネジメント/レーベル『BMSG』所属のアーティスト、BE:FIRST(ビーファースト)がスペシャルゲストとして参加することが決定した。当日は7月13日にリリースしたばかりの楽曲『Don’t Wake Me Up feat. BE:FIRST』を世界初披露する。



『Don’t Wake Me Up feat. BE:FIRST』はリリース以来、続々一位を獲得、またBillboard JAPAN Hot Overseas チャート1位、ダウンロードチャートでは3位を記録し、「#DontWakeMeUp」の1位をはじめ、関連ワードが軒並みTwitterトレンド入りを果たす。さらに、7月22日に公開したばかりの同曲のリリック・ビデオはYouTube急上昇ランキングにて公開直後に7位まで上り詰めてTOP10入りを果たし、大きな注目を集める。


『Don’t Wake Me Up』は、ジョナス・ブルーが年間を通して行う新たなコラボレーション・プロジェクト『Together』からの最初のリリースとして年始にリリースされ、オリジナルヴァージョンはアメリカ発の注目ボーイズバンド、ホワイ・ドント・ウィーとのジョイント・シングルであった。ジョナス・ブルーは、7月29日(金)にフジロックフェスティバル’22のWHITE STAGE にて20:00-21:00の枠で出演が決定しており、BE:FIRSTはこのステージに参加する。


また、先日BE:FIRSTは1stアルバム『BE:1(ビーワン)』が2022年8月31日にリリースすることを発表しており、同作品よりデジタル・シングル『Scream』を配信開始。彼らの1stアルバム『BE:1』には、多数の新曲を含む15曲が収録される。Chaki Zulu、KM、Sunny Boy、UTA、Sakai“DR.R”Ryosukeといった日本が世界に誇るトップ・プロデューサーから新進気鋭のプロデューサーがビートを提供し、デビュー・アルバムでありながら「日本で産まれる音楽アルバムのベスト盤」とBMSGが自信を持って送り出す。