TBSで毎週火曜よる10時から放送している、永野芽郁がTBSドラマ初主演を務め、大北はるかが脚本を手掛ける完全オリジナルストーリー、火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』。



SNSでも大いに盛り上がった第5話

永野演じる教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」の若き女性CEOのもとに、ある日突然、会社の雰囲気とは全く異なるおじさんサラリーマンが部下として転職してきたことで、仕事に恋に奮闘しながら、夢に向かって真っすぐ生きる主人公たちの成長を描く“大人の青春”ドラマ。


昨夜放送の第5話では、「スタディーポニーキャンパス」の開発資金を集めるべくビジコンに挑戦することを決めた佐奈(永野芽郁)たちだったが、本番直前に大きな課題に直面し強敵も立ちはだかる中、見事なチームワークで優勝。授賞式のあと、喜びのあまり佐奈が須崎(杉野遥亮)にハグをすると、須崎はおもわず「好きだ」と募る思いを打ち明けてしまい…。そんな仕事に恋に怒涛の展開が、SNSでも大いに盛り上がりを見せた。


第6話に母親役で奥貫薫が出演

このたび、9日(火)放送の第6話に、佐奈と妹の依里(武山瑠香)を女手一つで育ててきた母親・成川美佳子役で奥貫薫の出演が決定。


美佳子は佐奈が10歳の時に離婚してから、一人で苦労しながら娘たちを育ててきた。娘たちに厳しくも愛のある母親を奥貫がどう演じるのか、期待が高まる。


第6話では、ついに佐奈へ長年の想いを伝えてしまった須崎と佐奈の恋に進展があるのか気になる一方、あることをきっかけに佐奈の母親も登場し、恋にプライベートに佐奈はもやもやが募る…。ビジコン優勝で勢いに乗るドリポニのメンバーだったが、須崎への引き抜き話もあるなど仕事にも不穏な空気が。そんな中、小鳥のアイディアでドリポニメンバーの家族を職場に招待しイベントをすることに。豪華キャストが一堂に会し、怒涛の展開となる第6話に注目だ。


一気見できる期間限定企画

さらに、物語も後半戦に入り怒涛の展開が待ち受ける本作は、夏休み特別配信キャンペーンとして『ユニコーンに乗って』を一気見できる期間限定企画を実施。TBS公式YouTubeチャンネル「YouTuboo」にて第1話を1週間限定で配信し、民放公式テレビ配信サービス「TVer」でも第1話から最新話の第5話までを1週間限定で再配信する。つまり、期間限定で『ユニコーンに乗って』を最新話まで一気に楽しむことができる。


第6話あらすじ

ビジコンで優勝し、勢い余って佐奈(永野芽郁)に「好きだ」と思いを打ち明けてしまった須崎(杉野遥亮)。早智(広末涼子)からの3億円の融資も決定し、勢いに乗るドリポニと対照的に、佐奈と須崎の間には溝ができてしまう。さらに、須崎は「ゲームアカデミア」のCEO・永瀬(松尾貴史)から引き抜きの話を持ちかけられて…!?

そんな中、佐奈にさらなるトラブルが! 母・美佳子(奥貫薫)が仕事をクビになってしまったのだ。女手一つで育ててくれた母をどうにか助けたい佐奈と、母としてのプライドから娘のサポートは受けないと意地になる美佳子。思いがぶつかり合い、佐奈は母ともギクシャクしてしまう。そんな佐奈のために、小鳥(西島秀俊)は、ある作戦を決行することに…!?


■火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』
毎週火曜よる10:00〜10:57

(C)TBS