「つらくなったら帰ってこい その時は茶でも入れてやる」
縁側に座る父と娘。2人の会話に多くの視聴者が涙した。


月10ドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジテレビ系)先週の第7話では、小梅(波瑠)の家族が登場。まるふく工務店の三男・竜之介(吉野北人)も巻き込み、小梅家族の人生をリノベーション。「家族みんながいないと困る家」を実現するリノベはまさしく“魔法”であろう。涙を誘った第7話を振り返って、今夜の第8話に備えたい。(出番多めの三男・竜之介は☆今週の竜之介☆にてお届け♡)

(以下、第7話ネタバレあり)



魔物は実家にも――。

父・鳥雄(相島一之)「台所はかあさんの一番の居場所だから」
母・喜代子(宮崎美子)「台所は職場よ 居場所じゃありません。」

二世帯住宅に建て替えるという小梅の実家。プランを見ると、家はなんと3階建て。父が1階で母が2階、そして弟夫婦が3階という想定だ。しかしその間取りはどう見ても母・喜代子が負担になる内容ばかり。「キッチンが2階で洗濯物が1階だと上り下り きつくない?」「母がお茶を持って階段 上り下りするんですか?」頑として動こうとしない鳥雄に対抗すべく、小梅は問題点を指摘する。間取り以前に根本的な問題があるようだ。


「この間取りは 家族が孤立する間取りになってる。家事はお母さんが1人で背負って お父さんはますます家のことに関わらなくなる」
更新されてもプランは3階建て。小梅が意見すると鳥雄がキレた。
「何で 俺が家事をやらねばならんのだ!」
世の奥様を敵に回す一言が飛び出す。亭主関白な鳥雄は家事を一切やらず、全て喜代子が担ってきた。しかしそして喜代子自身は小梅と鳥雄が言い争いをしている間、呑気にお茶をすすっている。それもそのはず、この3階建てを希望したのは喜代子自身だったのだ。さらにはいずれ3階を賃貸として貸し出す予定とのこと。これには鳥雄もビックリ。そして驚くべき一言。
「おとうさんが死んじゃったあとは 私が1階を使うから。」
動揺する鳥雄をよそに、喜代子は平然と続ける。
「私ね 諦めてるの。お父さんは変わらない。」
喜代子が考えていたのは、“誰かが欠けても困らない家”だった。これには家族一同が無言となった。


さすがにショックを受けた鳥雄は竜之介に小梅と一緒に2階建てのプランを考えてくれないかと依頼。さらに「お父さんがいないと困る家」にしてほしいと頭を下げる。これまでの威勢はどこへやら。喜代子の言葉が刺さったようだ。竜之介は建て替えでなく、リノベを提案。小梅と2人で今の家を残すプランを考える。


「家族みんなが そろっている間の住み心地を大事にしたい。」
竜之介の考えたプランを見せながら小梅は家族に伝えた。新しいプランは部屋が好きに分けられたり、共有部分とつながっていたりと、家族がつながれる間取り。そこには小梅の部屋も。実はこれは父・鳥雄の計らい。素直になれない父に代わって竜之介を経由して提案された。「やってみましょうか」という母・喜代子の合意を得て、「誰かが欠けても困らない家」から「家族みんながいないと困る家」にプランは変更となった。


そしてその夜、縁側で父と娘2人。
この2人のシーンにSNS上でも「ボロ泣きしてしまった」「父の優しさに涙しました」「心に伝わってきます」と反響を呼んだ。


父は、小梅が上京する時「うまくいくな」「とっとと夢破れて泣きついてこい」と思っていたと明かす。しかし「小梅」と語り掛ける声はどこまでも温かい。「おまえが思うとおりにやりなさい」という父に、「言われなくても」と笑う小梅だったが、自分の顔をしっかり見て

「つらくなったら帰ってこい その時は茶でも入れてやる」

という父の愛情を受け取り、こみあげるものがある。小梅の居場所はずっとあるということを伝える言葉であり、これまで家事を一切してこなかった父が“茶を入れる”という心の変化や決意を表わしたような言葉でもあった。父の言葉を噛みしめながら、月の出た縁側に座る娘の姿。コミカルでテンポよく笑えるシーンの多い『魔法のリノベ』だが、心にじんわりする温かな余韻がたっぷりと残った。


リノベをすることで小梅家族の関係が再生する。普段は素直になれない父の本音と愛情が詰まった今回のリノベ。さらに父の価値観をも変えたことで、視聴者からは「リノベは魔法がかけられるとマジで思う」「父変わってリノベは本当に魔法やね」という声も。今回は小梅家族がリノベは魔法であることを証明してくれた。


第7話は出番が少なかった玄之介。前回予告にあった「小梅さんがいないとダメなんです」のセリフは小梅の妄想だったことが判明。 こんな妄想をしてしまうあたり、小梅は随分と玄之介を意識してしまっている。第7話ラスト、話題の竜之介が小梅にキスしようとするシーンが。

続きが気になるも、その裏でまるふく工務店ではトラブルが発生していた様子。予告では京子(YOU)が依頼人として登場し、さらにはミコトが玄之介に告白をしている!?今夜の第8話も見逃せない。


☆今週の竜之介(第7話)☆

神回というべき三男・竜之介(吉野北人・THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)の出番が多めの第7話。
まずは冒頭。前回に引き続き屋台の場面。なんと竜之介は酔った勢いで玄之介に宣戦布告!酔って強気になってる竜之介、可愛いぞ!続けて次の日ガッツポーズしながら「屋台での粗相 取り返します!」と小梅に伝える竜之介の姿。こちらもまた愛くるしい。ちなみに今回京子(YOU)とのバーのシーンはお預け。予告では京子がリノベの依頼人として登場しそうなので次回に期待したい。


小梅の実家である静岡に突然現れた竜之介。随分と積極的だ。小梅の母親に向かって「お母さん」と嬉しそうに言ってしまう。この瞬間、世の中のお母様方を味方につ付けたと言っても過言ではないだろう。お母さんじゃないのにキュンとしてしまった。


そしてちゃっかり小梅の実家で食事をしている竜之介。ちゃっかりご両親にもご挨拶。しかも独身アピールとともに「どっかにいい人いませんかね? 小梅さんみたいな」なんて調子にのる。小梅を「もらっちゃおうかな〜」とまで言っちゃって、ノリノリな様子。

ここで注目!なんと上半身裸で風呂上りの竜之介が登場!しかも筋肉ムキムキ!視聴者をキュン死にさせたいの?どうしたいの?と突っ込みたくなる。こんなところで男らしさを見せつけられるとは…不意打ちもいいところだ。とりあえず、「泊まっていきなさいよ」と竜之介に言ってくれた小梅父、グッジョブ!髪の毛が濡れてる竜之介、色気あるわ…。


竜之介は小梅父から家のリノベプランを考えてほしいとお願いされる。真剣に話を聞いている表情も素敵だ。さらに部屋の床に座り小梅と並んで間取りを考える。真横に竜之介が座ってるなんて羨ましい限りだ。小梅の家族にリノベプランを説明したあと、あのお決まりの言葉を今回は竜之介が伝える。「リノベは 魔法なんです。」言えてよかったね、竜之介よ。


さあ、待ちに待った浴衣のシーン。夏の終わりに浴衣を着て、海辺で線香花火。我々はラブストーリーを見ているのだろうか。「玄兄に遠慮しないからね。」はもう告白だ。今回の竜之介は積極的すぎる。しかも小梅にキスしようしたところで第7話は終わり。え…終わり?どうなったかわからないの?気になるじゃないか…!!!


文:SEN



第8話あらすじ

「僕、玄兄に遠慮しないから」。竜之介(吉野北人)は、実家に帰った小梅(波瑠)を追いかけ、思いを打ち明けた。


その一週間前――、なんとかして小梅との距離を縮めたい竜之介は、行きつけのバーの店主・京子(YOU)が、年下の婚約者・弘前悟(戸次重幸)と暮らすにあたり、物件を購入してリノベーションすると聞き、『まるふく工務店』に任せてほしいと名乗りをあげる。自分が持ち込んだ案件なら、玄之介(間宮祥太朗)に代わって自分が小梅とバディを組めると考えたのだ。


ところが、実家に帰った小梅が休みを延長。不本意ながら、竜之介は玄之介とバディを組むことになる。


愛犬2匹と生活する京子と、猫を4匹飼っている悟は、もともと店舗だった物件を購入し、1階を犬のフロア、2階を猫のフロアにしようと考えていた。しかし、具体的な話を進めるうちに2人はもめ始め、慌てた竜之介は安易な提案でその場を収めるが、玄之介からは軽はずみな発言を厳しく注意されてしまう。さらに、玄之介のメソッドが小梅の受け売りであることに嫉妬した竜之介は、兄弟ゲンカの末、誰にも言わず、小梅のいる静岡へと向かう。


その頃、犬と猫の共存にいたって前向きな京子に対し、悟は、本当に仲良く暮らせるのか、不安を募らせていた。そして、ローン申請の期日が迫るなか、ある行動に出て…。


一方、グローバルステラDホームでは、有川(原田泰造)の計画にきなくささを感じた三津井(山下航平)が水面下で動きを見せるが、それを察知した有川は!?



■『魔法のリノベ』
毎週月曜よる10時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

(C)カンテレ