9月15日(木)よる10時〜11時放送の『ダウンタウンDX』は「大御所芸能人大集合SP!!」と題し、芸歴50年を超える面々が登場する。



梅沢富美男、加賀まりこ、堺正章、中尾彬、前川清、八代亜紀がゲスト出演。大御所のトークにダウンタウンもタジタジの1時間だ。


<激レア!今夜はダウンタウンが一番年下DX!!松本「浜田さん、前室でずっと立ってしゃべってましたよね!なかなか見れない光景!」>
全員、芸歴50年&70歳オーバー。大御所達がゲストということもあり、緊張を隠せないダウンタウン。松本人志は「今日はエラいことになりましたよ。当たり前ですけど、僕のところに楽屋挨拶、誰も来ない」と笑う。「浜田さんも前室でずっと立ってしゃべってましたよね!なかなか見れない光景!」と続く。


ゲストが登場し、堺正章が「今日はダウンタウンのお二人がきちっとしている」と言えば、松本は「大御所だらけでドラゴンボールみたい!よく集まったなと。不思議なことに梅沢さんにホッとする」と苦笑する。梅沢は「なんでこんな日に俺を呼んだんですか?」と周りの大御所っぷりに怯える。


【大御所芸能人のこの際 言わせて&聞かせて!】
<浜田雅功、「一番最初、めっちゃ怖かった」大物芸能人は、堺正章!?>


堺正章は若者と話が合わないことに悩む。「若いゲストのことがよく分からないまま収録が始まって、よく分からないまま終わる。さも分かっているふりをする自分に疲れる」と本音を漏らす。対して、加賀まりこは「若者の顔も名前も全然覚えられない。アイツらが悪い」とばっさり、中尾彬も「若い人は一切無視!」と続き、松本は「無視はダメ…」と苦笑する。「でも、ダウンタウンは若者と接するのが上手い!」と褒める堺に対し、黙ってしまうダウンタウンの二人。「別に説教してるわけじゃない、…どうしたの?」という堺の問いにたまらず浜田雅功は「言っていいですか。一番最初、めっちゃ怖かった」と堺を指差す。松本も「確かに堺さん怖かった」と共感する。スタジオでは堺正章が『ダウンタウンDX』に初登場した、約30年前のVTRも公開される。VTRを観た加賀は「怖そうね〜」と笑う。


加賀まりこが初登場した番組のVTRも公開される。そこで加賀は「ダウンタウンは浜田より松本派」と話す。当時を振り返り加賀は「収録で疲れたと言ったら、松本さんが楽屋までおんぶしてくれた」とほほえむ。


ダウンタウンに感謝するのが中尾彬。「DXがきっかけでバラエティでブレイクできた。ありがとう」と感謝する。「大阪から来た時は、地味なコンビだと思ったけどね」と本音もポロリ。親友である江守徹と共に出演し、番組で爆笑をとっていったVTRも公開される。



<ダウンタウン松本人志、加賀まりこも気になる「60歳引退の噂」は…?>
八代亜紀は大御所ゲストに終活事情を質問する。「私はライブの緞帳が降りた瞬間、死んでいたい」と話す。対して、加賀は「死んだ時が引退だと思っている。引退を考えていない」「それより、ダウンタウンは60歳で引退するって噂で聞いたけど?」と質問する。松本は「はっきり言ってないですよ、60歳なんて。なんとなく言ったことはありましたけど…」と返答。「辞めないの?辞めないで!」と安心する加賀の発言に、間髪を入れず「金でしょ、金!」という前川のツッコミにダウンタウンも苦笑する。



終活を済ませた中尾は「もったいないと思ったらできない。首に巻くネジネジも400本から200本に減らしました。マチャアキも車捨てなよ」とコメントする。大事なクラシックカーをいかに処理するか堺正章は苦悩する。


また、中尾彬は加賀まりこに感謝をする。約60年前、加賀主演の映画『月曜日のユカ』の相手役のオーディションに受かったことで道が開けたという。中尾は「全国の役者志望の人間が加賀まりこの相手役をやりたくてオーディションを受けた。それで合格し役者として食っていけると思った」と当時の心境を振り返る。梅沢は「当時の加賀さんは美しく、見るだけで十分。男はみんな想像した!」と興奮気味に語る。浜田が「加賀さん、モテたんですか?」と聞けば、「この頃、モテなかったらいつモテるんだよ!」と反論される。加賀は「高校の帰り、学校の前に数台の車が停まっていて。そのどれかに乗って帰っていた」とモテモテエピソードを披露する。


<今だから言える!大物スターのぞき見ランキング>
加賀まりこは、20代の頃口説かれた文豪・川端康成との秘話を披露する。川端康成原作の作品に出演したことで親交を深め、川端康成から「明日一緒にご飯を食べませんか?」と口説かれたという。加賀が「素敵な時間でした」と川端康成との朝食エピソードを語る。


八代亜紀は石原裕次郎と行ったレコーディングの裏話をぶっちゃける。八代は「右手で私を抱き寄せ、左手にはブランデーグラス。結果、レコーディングが全然進まなかった」と笑う。「裕次郎さんは『亜紀に歌は任せる。俺はムードを作る』と言ってました」と昭和らしいエピソードを披露する。


中尾彬はバーで飲んでいたところ、泥酔した立川談志に遭遇する。立川のポシェットから3冊の通帳が落ちたことを見逃さなかった中尾は、その中身をこっそり確認したという。


前川清は勝新太郎の楽屋に急に呼び出され、入ったところいきなり水を掛けられる。当然、ムカっとする前川を横目に、勝は「今、前川は俺に敵意を見せた。この顔なんだよ」と弟子に演技論を語っていたという。


内田裕也の誕生日会にて、いきなり司会を任された堺正章。ゲストにアントニオ猪木がいることに気づいた堺は「アントニオ猪木さんがお祝いで内田さんにビンタします!」と冗談で言ったところ、本当にビンタをする大変な展開に…。謝罪に行ったところ内田は「30年ぶりにグラっときたよ」と言い、堺が「30年前は誰にやられたんですか?」と聞けば、「樹木希林に決まっているだろ!」と返答されたという。


梅沢富美男は名優丹波哲郎との共演秘話を公開。「朝10時から撮影の予定だったけど、来る気配が全然ないの。結局、12時間後に来られた」と話す。また、丹波がセリフのカンペをいろんなところに貼るという噂に対し、前川は丹波が見やすいようにと「ずっと(私の)胸にカンペ貼られてました。」と暴露する。



■『ダウンタウンDX 大御所芸能人大集合SP‼』
9月15日(木)よる10時〜11時 放送

(C)読売テレビ