17日(土)放送の『所さんお届けモノです!』(毎週土曜あさ7時30分〜7時58分・MBS/TBS系全国ネットで放送中)に、この4月に“21代 うたのお姉さん”を卒業したばかりの“あつこお姉さん”こと小野あつこが番組初登場する。




この番組は、世界中の送り主から所さんの元へ「ぜひ知ってほしい!」と、様々なアイテムが入った素敵な箱が届く、“箱からはじまる”エンタメバラエティ。小野は、都内最大級の野菜の産地・立川市の人気直売所を巡り、珍しくて美味しい&これから話題になりそうな旬の”新定番野菜”を調査する。


実は大の野菜好きで、現在「野菜ソムリエ」の資格を目指して勉強中という小野。ドキドキの初心者マークで挑戦したリポーターぶりは…!?


さすがは子どもやママに大人気のあつこお姉さん、お届けモノ探しは地元の子どもたちの「あつこお姉さんだ!」の声援でスタート。
その魅力はなんといっても、うたのお姉さん時代の経験を活かし、何事にも一生懸命なところ。スタッフから「何か1曲…」の無茶振りにも「任せてください!」と全力のアカペラを披露!まるで光いっぱいのステージの上に立っているかのような姿に、所ジョージも「笑顔も大きいし、素晴らしい!」と大絶賛。直売所のとれたて野菜にも負けないフレッシュさで番組デビューを飾る。


実はあつこお姉さん、この手のバラエティーロケはほぼ初めて。今回は慣れない食レポ&包丁を握ってレシピ実演にも挑戦。「野菜だったらいくらでも入ります!」と豪語するだけあって、おいしい新名物野菜をとにかく食べる!食べる!食べる!


しかし…“あつこワールド”全開のマイペースな食レポに所ほかスタジオメンバーも総ツッコミの事態に!?食レポというより“もぐもぐタイム”!? ほっこり癒し度満点の素顔は必見だ。


今回、お届けモノ探しの舞台となった立川市は、市内の農地面積が東京ドーム約52個分で、生産量が都内1位の野菜もたくさん。市民も地元野菜に親しんでいて、行列のできる人気直売所があちこちにある地域。


最初に訪れた「みのーれ立川」はとれたて新鮮野菜が都心のほぼ半値で買えるとあって、開店前から大行列の直売所。そこで珍しい野菜をたくさん育てている農家さんがいると聞きつけたあつこリポーターは、さっそく突撃取材へ。畑で見つけたのはなんと2021年に誕生したばかりの新品種。スタジオで食べた所が「国を挙げて作るべきだよ!」と大絶賛した激レア野菜、その名も「キイたん」とはいったい…?


さらに今年6月、立川駅前にオープンし、イートインもできるオシャレな直売所「のーかるバザール」では、伝説のプロレスラーから名をとった珍しいジャガイモや、スーパーではまずお目にかかれない世界最小のかわいい激レア野菜も登場。


野菜選びのプロ、「野菜ソムリエ」が激推しする新定番野菜に、「ジュニア野菜ソムリエ」の資格を持つ新井恵理那も「これめちゃくちゃ好きです。持ち帰ります!」と大興奮。新井が一瞬で完食したほどお気に入りの絶品レシピも紹介する。


■『所さんお届けモノです!』
9月17日(土)あさ7時30分〜7時58分

(C)MBS