10月16日より日本テレビ系にて放送がスタートされた、新日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』第1話のゲストとして、福地桃子が出演。香月史郎(瀬戸康史)の大学の後輩で、大手ブライダルプロデュース会社に勤める女性・小林舞衣役として、物語のカギを握る重要人物を演じた。




舞衣の親友であるデパートの受付・倉持結花(田辺桃子)は、「泣いている女が自分を見ている」という奇妙な夢に悩まされ、“霊媒師”城塚翡翠(清原果耶)のもとを訪れたところから、物語は予想外の方向に動き出す。そんなある日、香月と城塚が倉持結花の自宅を尋ねると、そこには頭から血を流し、仰向けで倒れている倉持がいた。


福地桃子演じる小林麻衣は、その倉持の友人でありながらも、誤って殺害してしまった“犯人”として、登場。放送後、SNS上では「いつもの役とは雰囲気が違った。さすがの演技力」「福地桃子さんはやっぱり声が良い」「絶妙な表情が良かった」など、幅の広い役を演じられる“演技力”に関することや、福地桃子の持つ独特の“声”が魅力的だとかかれたコメントが多く見られた。これまでは“穏やかな役”“凛々しい役”を演じることの多い福地桃子だったが、今回の作品では新鮮な一面が見られた。


■新日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』(日本テレビ系)

毎週日曜よる10時30分 放送

(C)日本テレビ