人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(毎週水曜よる10時)が31日、アメーバオフィシャルブログを更新。俳優の早乙女太一と子役の小山蒼海の笑顔の親子ショットを公開し、ファンから反響を呼んでいる。



『ヤングマガジン』(2018年5月〜2019年8月/講談社)、WEBコミック配信サイト「コミックDAYS」(2019年8月〜2020年9月/講談社)で連載され、累計120万部突破の同名コミックが原作。満を持してファン待望のドラマ化が実現した。連続殺人犯を父に持つ主人公・浦島エイジ(山田涼介)の大学生がある日、自らが二重人格であることを悟り、“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと底知れぬ不安にかられて、真相を明らかにしようと決意し、そこから驚がくの事実が次々と白日の下にさらされる、見る者に息つく暇も与えないどんでん返しのストーリー展開が見どころの二重人格サスペンス。


この日、更新した公式ブログ。絵文字やハッシュタグを交えながら「写真撮影を恥ずかしがった #小山蒼海 くんに #早乙女太一 さんが『ほら、カメラに笑顔して』と言った時の一枚」とつづり、エイジの実の父親で15年前に発生した連続殺人事件の犯人とされている殺人鬼・LLと呼ばれる八野衣真を演じる早乙女が、幼少期のエイジを演じる小山を抱っこした笑顔の2ショットを公開。「お父さんな早乙女さんです」とコメントした。


最後は「#親愛なる僕へ殺意をこめて」「#第5話」「#山田涼介」「#親子ショット」などのハッシュタグを添えて、ブログを締めくくった。


この投稿にファンから「親子ショット素敵」「めっちゃ最高の親子ショット」「本当の親子みたいで、いい笑顔」「エピソード素敵」「そっくりな親子ツーショット」「2人ともいい笑顔」「素敵な親子写真でほっこり」「わ!!本当の親子みたい!」「めっちゃ似とる」「素敵なほんわかエピソード」「殺人鬼とは思えない優しい父の表情」「自然体でステキな写真」「すご〜〜く優しいパパの顔してる〜」「エピソードも尊すぎて最高」「美形親子」「役とのギャップがハンパない!!」「めちゃくちゃ優しそうなパパの顔」「わぁ〜太一君、パパの顔」「イケメン親子」などの声が殺到している。


■『親愛なる僕へ殺意をこめて』第5話

11月2日(水)よる10時〜放送

恋人・京花の衝撃の秘密が発覚!消えた大学教授、殺人課の刑事、警察上層部、育ての父、被害者の親友、恋人、もう一人の自分…ついに殺人犯が明かされる!