オンライン動画配信サービス Hulu を運営する HJ ホールディングス株式会社(以下:Hulu)は、今年も年間を通しての視聴者数ランキングを集計。この1年のトレンドの縮図ともいうべき「2022年Hulu年間視聴者数ランキング」の各ジャンルのBEST5を発表する。(※集計結果は、2022年1月1日〜2022年11月10日の期間に視聴者数の多い順にランキングしたもの)



■今年も竹内涼真主演『君と世界が終わる日に』が総合1位ほか三冠制覇
今年もやはり強かった…。 昨年に続き、竹内涼真主演の極限のゾンビサバイバル『君と世界が終わる日に』が総合ランキング1位に君臨した。Huluが制作するオリジナル番組の視聴者数を集計したHuluオリジナルランキング、さらに国内ドラマランキングでも首位に輝き、2年連続で三冠制覇という偉業を達成した。


『君と世界が終わる日に』は、人を食らう“生きる屍(ゴーレム)”に占拠された終末世界を舞台に、主人公・響(竹内)と恋人・来美(中条あやみ)らが生き残りをかけて戦う姿を描いたドラマ。今年は日本テレビ系列の金曜ロードショーで「特別編」を放送し、放送終了後からHuluオリジナルのSeason3の独占配信がスタートした。極限のその先へ――Season3では、Season1から続く響と来美のラブストーリーの結末が描かれ、仲間が次々と倒れていくという「シリーズ最狂」の衝撃的なストーリー展開が、視聴者を惹きつけてやまなかった。日本のゾンビ・ドラマの金字塔ともいうべき地位を確立した本作は現在、HuluでSeason1〜3および特別編を独占配信中。まだ本作を視聴していない人はもちろん、既に視聴した人も、年末年始にぜひ振り返って『きみセカ』の世界を楽しんでみては。


■攻めるドラマに熱視線――Hulu オリジナルは『死神さん』、Hulu プレミアは女子刑務所モノが人気
Huluオリジナルランキングには、堂々1位に輝いた『君と世界が終わる日に』はもちろん、果敢に攻めるドラマが上位を占めた。2位は主演・田中圭×監督・堤幸彦という強力タッグで制作された完全Huluオリジナル作品『死神さん』。本作は誰とも群れず、愛されもしないクセモノ刑事・儀藤(田中)が、事件ごとに相棒を変えながら、闇に葬られた真相をあぶり出していく痛快ミステリードラマ。相棒が毎回変わるという異色の設定に加え、田中が“まるで別人のような扮装”で演じる儀藤の“唯一無二のキャラクター”など、真新しい要素が視聴者の心をつかんだようだ。3位にはディーン・フジオカ主演、“最先端科学犯罪にまつわる犯罪”を捜査する新時代のサイエンスミステリー『パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜』がランクイン。


一方、日本初上陸の海外作品をお届けするブランドライン Huluプレミアのランキングでは、オーストラリアのTVドラマ史を塗り替えた大ヒットシリーズ『ウェントワース女子刑務所』が1位、突如現れた謎の陥没穴によってロサンゼルスの街が一変するパニックドラマ『ラ・ブレア』が2位…と、ここでもやはり、刺激を求める視聴者が多いことがうかがわれる結果となった。



■国内ドラマは『真犯人フラグ』などミステリー、海外ドラマはシリーズもの&韓国ドラマが支持を集める
国内外問わず、多彩なドラマを数多く配信しているHulu。国内ドラマランキングでは1位の『君と世界が終わる日に』に続き、2位以降はミステリーが席巻。2位には西島秀俊主演の『真犯人フラグ』、3位には『パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜』、4位には道枝駿佑(なにわ男子)が5代目金田一はじめを務めた『金田一少年の事件簿』がランクインした。


海外ドラマランキングでは、昨年に続き世界的人気シリーズ『ウォーキング・デッド』が1位に。


さらに、女囚人たちの壮絶な頭脳戦を描き、オーストラリアのTVドラマ史を塗り替えた大ヒットシリーズ『ウェントワース女子刑務所』が2位に食い込んだ。同作は今年、Huluでファイナルとなるシーズン8後半を配信。ファイナルへの期待感が視聴数にも直結し、先述の通りHuluプレミアランキングでも1位を獲得した。また、シリーズものはやはり強く、3位には『CSI:科学捜査班』、5位には『FBI:特別捜査班』、6位には『シカゴ・メッド』がランクインしている。そんな中、新シリーズも大健闘した。『ラ・ブレア』(4位)、『チャッキー』(6位)など、今年Huluで独占配信が始まった作品にも支持が集まった。


かたや、韓国/アジアドラマランキングでは、今年も韓国ドラマが大人気。そんな中、堂々1位に輝いたのは、今年Huluで独占一挙配信が始まったイ・ドンウク主演の爽快アクションコメディ『バッド・アンド・クレイジー』でした。本作には世界的ヒットドラマ『イカゲーム』で大ブレイクを果たした若手俳優ウィ・ハジュンも出演するなど、話題性抜群。今回の1位獲得も納得の結果。なお、2位は『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』、3位は『花郎〈ファラン〉』、4位は『医師ヨハン』、5位は『コーヒーを飲みましょうか?』…と、韓国ドラマ一強。さらに、アジア映画ランキングでも1位に『パラサイト 半地下の家族』、2位に『新感染 ファイナル・エクスプレス』…と、カンヌ国際映画祭など数々の映画祭で台風の目となった韓国映画が、今なお衰えぬ吸引力を発揮した。


■音楽&アニメ&バラエティも話題作がズラリ!『SPY×FAMILY』の躍進など最新トレンドを反映
昨年から新たに発表されることになった音楽ランキングでは、今年9月まで日本テレビ系列で放送されていた田中圭&千葉雄大がMCを務めるトーク&ライブ番組『MUSIC BLOOD』が今年も1位を獲得し、2連覇を達成。さらに2位には、日本テレビ系列で今年2〜7月に放送されたDa-iCEの地上波<初>冠番組『Da-iCE music Lab』も入り、音楽シーンにおける彼らの飛躍ぶりを実感する結果となった。なお、ここでも『KBS 歌謡大祝祭』(3位)、BTSのオリジナル番組『We Love BTS』(4位)&『We Love BTS 2019』(5位)など、韓国系エンタメが勢いを見せつけている。


また、アニメランキングでは今年も、少年マンガの人気作を原作に据えた作品が上位5位を独占した。1位をかっさらったのは、今年ついにアニメ化され大旋風を巻き起こしている『SPY×FAMILY』。さらに『鬼滅の刃』遊郭編(2位)、『名探偵コナン』(3位)、『呪術廻戦』(4位)、『僕のヒーローアカデミア』(5位)など、不動の人気を誇るシリーズも並んだ。


そして…国内バラエティランキングでは『謎とき冒険バラエティ 世界の果てまでイッテQ!』が首位に。2位以降も『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない/罰ゲーム シリーズ』、『しゃべくり 007』、『月曜から夜ふかし』、『有吉の壁』など、定番ともいえる日本テレビの大人気番組が続き、色褪せぬ人気を証明した。


<総合ランキング>
1 君と世界が終わる日に
2 SPY×FAMILY
3 真犯人フラグ
4 「鬼滅の刃」遊郭編
5 謎とき冒険バラエティー 世界の果てまでイッテQ!

<Hulu オリジナル ランキング>
1 君と世界が終わる日に
2 死神さん
3 パンドラの果実 〜科学犯罪捜査ファイル〜
4 あなたに聴かせたい歌があるんだ
5 神様のえこひいき

<Hulu プレミア ランキング>
1 ウェントワース女子刑務所
2 ラ・ブレア
3 チャッキー
4 ロスト・イン・オーシャン 消えた大陸
5 イーヴィル: 超常現象捜査ファイル

<海外ドラマ ランキング>
1 ウォーキング・デッド
2 ウェントワース女子刑務所
3 CSI:科学捜査班
4 ラ・ブレア
5 FBI:特別捜査班

<国内ドラマ ランキング>
1 君と世界が終わる日に
2 真犯人フラグ
3 パンドラの果実 〜科学犯罪捜査ファイル〜
4 金田一少年の事件簿(道枝駿佑版)
5 ハコヅメ 〜たたかう! 交番女子〜

<韓国/アジアドラマ ランキング>
1 バッド・アンド・クレイジー
2 トッケビ 〜君がくれた愛しい日々〜
3 花郎〈ファラン〉
4 医師ヨハン
5 コーヒーを飲みましょうか

<アジア映画ランキング>
1 パラサイト 半地下の家族
2 新感染 ファイナル・エクスプレス
3 プロジェクトV
4 気まぐれな唇
5 82年生まれ、キム・ジヨン

<アニメ ランキング>
1 SPY×FAMILY
2 「鬼滅の刃」遊郭編
3 名探偵コナン
4 呪術廻戦
5 僕のヒーローアカデミア

<国内バラエティ ランキング>
1 謎とき冒険バラエティー 世界の果てまでイッテQ!
2 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない/罰ゲーム シリーズ
3 しゃべくり007
4 月曜から夜ふかし
5 有吉の壁

<音楽ランキング>
1 MUSIC BLOOD※現在は配信終了
2 Da-iCE music Lab
3 KBS 歌謡大祝祭※12/16から配信開始予定
4 We Love BTS※12/31まで配信
5 We Love BTS 2019※12/31まで配信