プリンターのビジネスモデルを転換

── 4月に社長に就任しましたが、2020年3月期の決算は減収減益の見込みです。

小川 米中貿易摩擦や円高が逆風となり、需要が減退したことが大きかった。一方で、次に向けた新製品の準備を進めており、21年3月期はかなり期待できると思っていました。しかし新型コロナウイルスの感染が広がり、影響がどう出てくるかはまだ分かりません。

── 再び成長軌道に乗せる上で、主力のプリンター事業は、どのように進めていきますか。

小川 インクカートリッジモデルからビッグタンクモデルへの移行を進めています。これまでプリンターは本体の価格を安く抑えて、インクの販売でもうけるビジネスモデルでした。しかし消費者からすると、インク代が高くつくので、印刷をためらうような状況になっていました。そこでインク容量が小さいカートリッジではなく、大容量のタンクにして、インク代を安くして気軽に印刷できるようにしていきます。

── その代わり本体の価格を上げたと。

小川 ビジネスモデルは大きく変わってきています。プリンター本体の価格は従来より高くなりますが、ビッグタンクの認知度が上がり、全体に占める比率が上がっています。また、新型コロナウイルスの影響で需要が伸びています。

── それはなぜですか。

小川 中国や北米では、コロナウイルスの影響で外出できなくなり、在宅で授業を受けたり、仕事をしたりするようになっている。書類の印刷が必要になり、プリンターの需要が高まっています。

── 一方でオフィス向けの販売を伸ばすためには、既存のレーザープリンターをインクジェットプリンターで置き換えることが必要です。

小川 インクジェットはレーザーに比べて、消費電力が小さく、定期的なメンテナンスが不要で環境にやさしい。また最新の大型機は1分間に100枚と、非常に高速に印刷できます。しかし値段がまだ高いので、手ごろな価格帯の製品をそろえて、販売拡大につなげたいと思っています。

── オフィスではペーパーレスも進んでいます。

小川 オフィスで出る使用済みの紙を、その場で再生紙に変える小型の製紙機「ペーパーラボ A─8000」を開発しました。これで紙資源をオフィス内で循環させるので、ユーザーには紙の消費量を気にせずに印刷してほしい。また、使用済みの紙を処理する際に、細かい繊維状にするので、文書情報を完全に消すことができ、情報漏えいのリスクも低減できます。金融機関や地方自治体で導入が進んでいます。

── インクジェットの用途が繊維などに広がっています。

小川 布地に模様を印刷する捺染(なっせん)の分野では、版を用いたアナログ印刷からインクジェットを用いたデジタル印刷への置き換えが進んでいて、市場の成長性がかなりあると思っています。

── メリットは何ですか。

小川 デジタルデータを基にするため、新しいデザインにすぐ対応でき、作業工程も少なくて済みます。同じものを大量に印刷する場合は、従来の印刷の方が安くできますが、デジタル印刷は、少量多品種生産に向いています。また、廃棄物も少なく環境負荷が小さいのも特徴です。