マンション一本足から脱却へ

── 長谷工コーポレーションはどんな会社ですか。
池上 新築マンションの設計・施工に力を入れているゼネコンです。これまでの施工累計戸数は65万戸で、国内全体の既存マンションの約1割に相当します。首都圏では4割、近畿圏では2割が当社の施工です。2020年3月期の受注高(単体)約4700億円の9割以上をマンションが占めました。他のゼネコンが大型複合ビルや高速道路などのインフラ整備、自然災害の対策工事などさまざまな分野に取り組むのとは一線を画しています。

── 新型コロナウイルスの分譲マンションへの影響は。
池上 購入者のニーズが様変わりしました。グループの販売会社、長谷工アーベストが首都圏に住む20〜60代の人を対象に7月に行った調査では、郊外の関心が高まっています。マンションを購入する際の優先順位の1位は「価格」のままですが、重視ポイントでみると「部屋の広さ」と「環境」が上昇し、逆に、「通勤時間」が減りました。

── ということは郊外マンションの人気が高まるのでしょうか。
池上 例えば、埼玉県の浦和や、東京23区外の立川、三鷹が初めて「住みたい街」の5位内に入り、8位の品川より人気です。当社の千葉県流山市の約800戸の大型マンションも販売が好調です。今後は茨城県や千葉県の郊外でも計画を進めます。広さを求めて賃貸派から分譲派になるという動きもあります。賃貸は狭い間取りが多いことが背景にあるようです。

 在宅勤務をする人が増えているため、設計にも新たな工夫を入れています。従来はマンション共有部分に仕事ができるスペースを作っていましたが、マンション各戸に仕事や趣味のスペースがある間取りを考えています。

── 一方でマンションの供給は落ち込んでいます。
池上 首都圏の新築マンションは今年上半期は供給戸数が前年比4割減です。活動自粛期間などが客足に響きましたが、もともとコロナ前から価格が高止まりしていたこともあります。

 ただし、業績への直接的な影響はほぼありません。コロナ禍でも工事現場は止めていません。一方、販売、大規模修繕・リフォーム、管理では若干影響が出ました。今はモデルルームも再開し、来訪者数もコロナ前に戻ってきてます。通期ベースではこうした遅れを取り戻せる見込みです。