ウォシュレットが米国で好調

── 新型コロナウイルスの影響で、2020年4〜9月の売上高は前年同期比13%減と、388億円もの減収になりました。
清田 政府の緊急事態宣言で、ショールームを一時的に閉鎖せざるを得なかった影響が出ました。国内の売り上げのうち約7割がリフォーム関連で占めており、ショールームに来た顧客にさまざまな相談や提案をしながら、商品を選んでもらっています。海外の主要市場である中国や米国でも、営業面や生産面で影響を受けました。ただ、国内では昨年6月からショールームを再開しており、完全ではないものの顧客は戻ってきています。(2021年の経営者)

── すべての地域が厳しかった中で、米国で温水洗浄便座(ウォシュレット)の販売が好調でした。
清田 米国ではウォシュレットを30年以上前から展開しています。ここ数年、販売は前年に比べ2〜3割程度伸びていましたが、今回のコロナ禍で一気に火が付きました。きっかけはトイレットペーパーの不足で、水で洗うことが注目されたからです。ペーパー不足はすぐに解消されましたが、快適なことや衛生的である点が評価されて、波が変わりました。

── 具体的にはどれくらい伸びましたか。
清田 昨年1〜6月のウォシュレットの販売台数は前年同期比で5割増、7〜9月は2・6倍増となりました。米国では少し前まではウォシュレットになじみがなく、「キワモノ」として受け止められることもありました。しかし、米国から日本に来る観光客が増え、日本で実際にウォシュレットを体験したことが普及のきっかけになっているようです。

── ウォシュレットは1980年の販売開始から40年が経過しました。かつての「おしりだって、洗ってほしい」のテレビCMは大きな話題となりましたね。
清田 発売当初はテレビCMを(食事時の)ゴールデンタイムで流していましたので、抗議の電話もあったようです。トイレを設置する工事店の人たちに体験してもらったり、キャラバンカーを走らせたりして、快適さが口コミで広がっていきました。80年代後半から着実に販売を伸ばしています。現在の米国でも、実際に体験した人たちがSNS(交流サイト)で発信したりして、拡散されているようです。