銀座 東京吉兆休業の衝撃 「銀座の顔が消える」

 東京吉兆本店が休業──。「銀座の顔」とも言える老舗の決断に衝撃が走った。新型コロナウイルス感染拡大による2度目の緊急事態宣言は、歴史ある料亭をも押しつぶしていった。1月末で休業し、弁当の配達を続けるという。

 銀座のある商店主は「東京吉兆の休業は本当にショック。銀座の“顔”がまた一つ消えた」と、肩を落とす。

 ◆ギンザシックスも閑散

 海外の高級ブランドや老舗の飲食店が並ぶ東京・銀座。年明けからの緊急事態宣言が続く1月下旬の平日午後、銀座を突き抜ける「中央通り」は、若者やシニア、ビジネスマンで意外にもにぎわっていた。

「2020年春の緊急事態宣言の時は全く人がいなくなり、映画のセットで作られたゴーストタウンを歩いているようだった。今回はたくさん人が出ているが、買い物をしている人は少ない印象」

 銀座で100年超にわたり不動産業を営む小寺商店の児玉裕社長は、昨年春の緊急事態宣言との違いを語る。

 4丁目交差点から1〜2分歩いた銀座5丁目の「銀座コア」ビルは開業50年だ。1階には、あんみつ発祥で知られる、1894(明治27)年創業の喫茶店「若松」がある。ビルの建て替え計画がコロナの影響で進んでいないという。

 さらに歩いて銀座6丁目にある大型商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」は、もっと閑散としていた。イタリアのヴァレンティノなど有名な高級海外ブランドの店舗が入っているが、買い物客より店員のほうが多くみえ、館内は静かだ。

 ギンザシックスは1月26日に開業4年に向けて40店以上の大規模な店舗入れ替えを発表。コロナ禍の影響ではなく、開業当初からの契約更新のタイミングでの入れ替えによるものとしている。

 しかし、店舗の顔ぶれからは、開業当初の高級嗜好(しこう)からは変化した状況がうかがわれる。フランスのペランなどの海外老舗ブランドやビームス、マルティニークなど国内アパレルが撤退する一方、アメリカの宝飾品ブランドなど知名度が低い名前が並ぶ。地下の食料品フロアには、イオン系の小型スーパーも入店が決まった。

 不動産サービスのクッシュマン&ウェイクフィールドの須賀勲エグゼグティブ・ディレクターは、今回の入れ替えについて「ある程度の高級感は保っているが、知名度のあるメジャーはほとんどいない、ニッチな名前が目立つ。空室を出さないための努力がうかがわれる」と、指摘する。

 ◆イタリア高級店の閉店

 銀座7丁目のZARA銀座店は、20〜30代の男女が途切れることなく出入りする。1万円以内で流行の上下の洋服を買うことができるのが人気の理由だ。海外旅行を中止した分、自分の生活水準を維持できる範囲内で、衣服にお金をかけたいというニーズの受け皿になっているようだ。

 しかし、大通りから一歩入った並木通りは対照的だ。ゆっくり買い物ができる静かな場所として海外ブランドの店舗が建ち並ぶ通りだが、人出はまばら。ビルの閉鎖された1階店舗に「管理物件」の張り紙がある。イタリアのマックスマーラは冬用の婦人用コートが1着50万円以上する高級店だったが、1月12日に並木通りの店舗を閉店した。