コロナ禍から映画館再開 動画配信に優る喜び=溝口健一郎
 新型コロナウイルスによってダメージを受けた産業は多いが、映画館は最悪の被害者の一つだ。例えば、米映画館チェーン3位のシネマーク・ホールディングスは、42州で325の映画館を運営するが、2021年1〜3月期の売り上げは前年同期比8割減の1億1400万ドル(約125億円)にとどまった。現在、米国では、各種エンターテインメント施設も徐々に再開している。

 筆者は昔から映画ファンで、コロナ禍の前は近所の映画館に月に2回は足を運んでいたが、この1年は全く行っていなかった。よく通った三つの映画館のうち、一つは閉鎖を決定し、もう1館は再開時期を検討中だ。最大手チェーンAMCの映画館のみ再開したので、6月初旬、1年数カ月ぶりに妻と鑑賞に出かけた。選んだのは当地で5月28日から公開されているディズニー新作「クルエラ」。チケットは時間帯割引があって1人9・39ドル(1000円超)だった。

 事前にネットで席を予約すると、自動的に両隣の席はブロックされる。ワクチン接種を完了している観客はマスク着用は求められないが、希望すれば1枚1ドルで販売もしている。従業員は全員マスク着用だ。米国の映画館で定番のポップコーンは買えるが、自分で好きなだけ溶かしバターをかけられる装置は、不特定多数が装置を触らないようにするためか、使用禁止のままであった。

 対照的にコロナ禍で急成長したのは、ドラマなどをネットで配信する「コンテンツ・ストリーミング」だ。20年の世界ストリーミング契約者数は前年比37%の伸びを示し、先行者であるネットフリックスの契約者数は世界で2億人を超えた。ディズニープラスはサービス開始後1年数カ月で契約者1億人を記録し、フールーなども競い合い、群雄割拠の状態である。

台頭する配信事業
 市場規模は既に全世界で500億ドル(約5・5兆円)に達した。筆者自身も、「ローマ」や「マリッジストーリー」といった新作、「マイ・フェア・レディ」などの名作までストリーミングで見ることができ、ロックダウン(都市封鎖)中の救いであった。

 全米には1万2000軒以上の映画館があり、すでに75%以上が再開しているが、映画館に人々が戻るかどうかはまだ分からない。かつては新作映画がビデオやDVDになるまでに半年以上待つ必要があったが、今は映画館での公開とストリーミング動画配信の開始が同時であることも多い。ある調査では、コロナが消えた後でも新作が同時公開ならば自宅で映画を鑑賞するという人が42%、映画館に行くという人が35%であった。 

 しかし、映画館で映画を見る喜びは自宅では完全には満たされない。「クルエラ」も映画館とストリーミングが同日公開だったが、公開4日間での映画館興行収入は2600万ドル(約28・6億円)以上に達し、映画館の存在感を示した。エマ・ストーン演じるクルエラの、リムジンの屋根の上で広がるスカートや、深紅のドレスへの早変わりは、やはり映画館の暗闇で見てこそだと感じた。

 バイデン大統領は「炎のランナー」がお気に入りの映画とのこと。大統領も、ランナーたちが名曲をバックに走る姿は映画館で見たいだろう。

(溝口健一郎・日立製作所ワシントンコーポレート事務所長)