アウトドア市場が急成長 おしゃれ海外ブランド人気=岩下祐一
 中国の若者の間で、「グランピング」が流行している。グランピングとは、魅惑的なという意味のグラマラスとキャンピングを掛け合わせた造語で、整った設備と快適なサービスを楽しむキャンプのこと。ファッションにアウトドアテイストを取り入れるのがトレンドになり、日本ブランドが存在感を示す。地場のアウトドア関連企業も活発な動きを見せる。

 新型コロナウイルス禍の前後から、アウトドアを楽しむ若者が増えた。これまでは登山愛好家などがキャンプをするケースはあったが、一般の人はほぼ無縁だった。ところが、上海などの都市部の若者やニューファミリー層が、週末に郊外の公園などでキャンプを楽しむようになった。こうした公園には据え置き型のテントやキャンピングカーが置かれ、グランピングが楽しめる。

 ブームの背景には、物質的に豊かになった若者たちが、自然と触れ合えるアウトドアに注目していることがありそうだ。コロナ禍で海外旅行ができなくなり、地元で楽しめるアウトドアに目を向けている面もあるだろう。

 地場アウトドアメーカーは、このブームを一様に実感する。国内外でアウトドアブランド「ネイチャーハイク」を手掛ける浙江挪客運動用品の季剣明総裁は「市場の成長がここ数年、加速している。アウトドアがおしゃれになり、若者たちがSNS(交流サイト)でキャンプを楽しむ様子を積極的に発信している」と話す。

 上場企業である牧高笛の2021年1〜6月の業績は、国内のブームを受け、前年同期比で大幅増収増益だった。「国内市場のこの2年の変化は大きい」と同社の馮佳俊・用品事業責任者は言う。

 こうした地場企業はテントなどの用品を得意としており、アウトドアをファッションとして楽しむ今の若者のニーズとややずれが生じている。こうした中、存在感を示すのが日本の「スノーピーク」や、米国発祥の「グラミチ」「ザ・ノース・フェイス」などのファッション感度の高い海外ブランドだ。

 日本のアウトドアブランドや生活雑貨を取り扱うセレクトショップ「エレメント」は10月、四川省成都に新店を開業する。上海の既存店2店では、グラミチなどタウンユースのおしゃれなアウトドアブランドが人気だ。そこで成都店はアウトドアを主体にする。創業者の朱懿徳氏は「国内メーカーの用品は競争力が高いが、アパレルは強いところがない」と指摘する。そのため、おしゃれで価格訴求力を持つハウスブランドを来春投入する。

国産品の台頭も近い
 ファッションブランドもアウトドアテイストを打ち出す。「トリッククー」は、機能性を特徴とするデザイナーブランドだ。セレクトショップで展開してきたが、19年からアリババ集団のネット通販サイト「Tモール(天猫)」での直販に乗り出した。「機能性、アウトドアを切り口にした国際ブランドを目指す」と創業者の黄俊勛氏は意欲を示す。

 ファッション業界では、“国潮”(国産ブランド熱)がトレンドだ。アウトドアブームが盛り上がる中、ファッション性の高い地場のアウトドアブランドが力を付けるのは、そう遠くないだろう。

(岩下祐一・「繊維ニュース」上海支局長)