「紳士のスポーツ」「大人の社交術」としてその異名の通り、ゴルファーには紳士としての厳しいマナーが求められる。ゴルフ初心者はもちろん、経験者も、ゴルフの基本のマナーについて改めてティーチングプロの堀尾研仁さんに教えてもらおう。

■今回のアドバイザー

ティーチングプロ

堀尾研仁


1971年4月16日生まれ。岐阜県出身。デビッド・レッドベター氏に師事し、ゴルフティーチングの世界に入る。1997年よりデビッドレッドベターゴルフアカデミー公認インストラクターとして多くのゴルファーを指導。2002年にKEN HORIO GOLF ACADEMYを設立。2003年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。2005年には谷口徹選手の帯同コーチとして、全英オープン、全米オープン、全米プロといったメジャートーナメントにも同行。2016年は塚田陽亮選手が日本ゴルフツアー選手権に優勝。過去5名のツアープロの優勝に貢献。現在は多数のプロゴルファーの指導と共に、アマチュア向けのスクール運営、各メディアへの出演、企業向けのイベントなども精力的にこなしている。

上流階級のマナーが今も息づく「紳士のスポーツ」ゴルフ


堀尾さん「ゴルフは他のスポーツと比べると、非常にマナーに厳しいスポーツです。その理由は、ゴルフが元々上流階級の人々のスポーツだったから。諸説ありますが、ゴルフはスコットランドの上流階級の人々の遊びとして誕生したとされており、ゴルフの歴史を伝える古い写真や絵画を見ると、ゴルファーはジャケットにネクタイを着用してプレーをしています。この様な上流階級の人々のマナーが、現在も根強くゴルフのマナーとして残っているのです。



初心者の方にとってはゴルフのマナーの厳しさは、はじめは少々とっつきにくく感じるかもしれません。しかし、基本的には“紳士的な立ち居振る舞い”を気をつけていれば大丈夫。プレー中や服装のマナーについて簡単にご紹介しましょう」


マナーの基本は、一緒にプレーする相手の気持ちを考えること


堀尾さん「プレー中の代表的なマナーとしては、次のような行為があげられます。



・大声を出さない

・他人がスイング中は話しをしない、動かない

・スイング中に視界に入る場所に立たない

・グリーン上は走らない

・他人のパッティングラインを踏まない

・ナイスショットには肯定的な声をかける

・ミスショットに否定的な声をかけない



一緒にプレーする人の気分を害さない、集中を妨げるような行為は行わない、といった点に気をつければ、難しいことを考えなくてもごく自然に取れる行動だと思います。



さらに、ゴルフプレーヤーには身につける服装にもマナーが求められます。プレー中の服装は次のようなことに気をつけてください。



・襟付きのシャツの着用

・シャツの裾はズボンの中に入れる

・トレーニングウェアの着用は不可

・ゴルフシューズの着用



服装で気をつけたいのが、クラブハウス内でのマナー。クラブハウスは社交場である為ため、プレー中なら大丈夫な服装でもクラブハウス内ではNGという場合もあります。



・ジャケットの着用

・ジーンズなどのカジュアルな服装は避ける

・帽子は着用しない



このような点に注意して、みんながゴルフを気持ちよく楽しめるよう心がけてください」


マナーばかり気にしてゴルフを楽しまないのは本末転倒


堀尾さん「ゴルフにマナーは必要不可欠。マナー違反をして同伴者や他のゴルファーの気分を害してしまう事は問題です。しかし、あまりにもマナーを気にし過ぎてゴルフがつまらなくなってしまうのは良い事ではありません。ゴルフ初心者の方は、最初はゴルフ経験が豊富でお手本になる先輩ゴルファーを見つけて、できるだけその人と一緒にプレーをするといいですね。一緒にプレーをしていくうちに、自然に楽しくマナーが身に付くことと思います」

最後にアドバイザーからひと言


「熟練者も、時に気が緩んでマナーがなおざりになってしまうことがあります。初心者のお手本となる紳士的なゴルファーを目指しましょう」