クロスカントリー4WD の老舗「Jeep(ジープ)」は、SUVの本場アメリカを代表するブランドのひとつ。このジープの最上級SUVとなるのが、フラッグシップモデルの『グランドチェロキー』だ。ラインナップには、廉価な「ラレード」やプレミアムモデルの「サミット」、さらには最強オフロード仕様の「トレイルホーク」、ハイパフォーマンスモデルの「SRT 8」にいたるまで、多彩なグレードが設定されている。そして、2017年4月、ジープはこの『グランドチェロキー』に途轍もないモデルを追加した。その名は「トラックホーク」。従来のオンロード最強モデルだった「SRT 8」のさらに上をいく、まさに“アメリカンモンスター”というべき最強・最速の『グランドチェロキー』である。

最高速度290km/h、0-100m加速は3.5秒、驚くべきの速さを誇る「トレイルホーク」


『グランドチェロキー』には、日本にも導入されている「SRT 8」というサーキット向けのハイパフォーマンスモデルが存在する。心臓部に468psを発生する4L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載したオンロード最強モデルだ。



しかし、2017年4月のニューヨークモーターショーで公開された「トラックホーク」のパワーは、この「SRT 8」をはるかに凌駕する。搭載されるのは、マッスルカーのダッジ『チャレンジャーSRTヘルキャット』と同じスーパーチャージャー付きの6.2L V型8気筒エンジン。最大出力707hp(717ps)、最大トルク89.2kgmを発生し、トランスミッションには8速ATを採用。この強力なパワーユニットにより、約2.5トンの巨体にもかかわらず、驚くべきことに0-100mをわずか3.5秒で加速する。最高速度は290km/hをマークし、0-400m加速は11.6秒だ。



駆動方式は4WDで、高出力・高トルクに対応する「クォドラトラフィックオンデマンド4×4システム」を搭載。これに電子式リミテッド・スリップ・デファレンシャルと強化したリア・アクスルの効果などにより、スポーツカーのような加速を実現した。もちろん、ただ速く走るだけではなく、フロント400mm、リア350mmのブレンボ製ブレーキには、約100km/hのスピードから停止までを約34.7mでこなすストッピングパワーが与えられている。





専用デザインが施された「トレイルホーク」のエクステリア、内装にも特別装備を満載


エクステリアには、従来のラグジュアリーなイメージから一転して「トレイルホーク」専用の精悍なデザインが施された。ひと目でわかる他のグレードとの違いは、厚くなったフロントバンパーからフォグランプを取り払い、大開口のロアグリルとリップスポイラーを備えていること。さらに、4本出しのエグゾースト、クーリングダクトが設けられたボンネットフード、縁取りがグロスブラック仕上げのヘッドランプユニット、ボディと同色のホイールフレアなどが専用ディテールとなっている。



足元には、295/45ZR20サイズのタイヤを組み合わせる20インチのチタンホイール。そこから覗くイエロー塗装のブレンボ製6ピストンブレーキキャリパーが目を惹く。




インテリアでは、シート素材にナッパレザーとスエードを採用。室内にはプレミアムメタルパッケージによるメタルアクセントが随所にあしらわれ、高級感のある仕上がりとなっている。メーター類はレーシングカーのように中央にレブカウンター、左に320km/hまで表示されるスピードメーターを配置。また、インパネ周辺には7インチのデジタルインストルメントクラスターと8インチのタッチスクリーンも装備し、馬力やトルクのほか、パフォーマンスタイマーやダイナモメーターなどが表示できるという。



ボディカラーは全9色。「ビレットシルバー」「グラナイトクリスタル」「ダイヤモンドブラック」「アイボリートライコート」「ブライトホワイト」「ベルベッドレッド」「ライノー」などから選択可能だ。




「トレイルホーク」のライバルはベントレー『ベンテイガ』? 激化する最速SUV競争


ジープがこのモンスターSUVを生み出した理由のひとつに、ベントレー『ベンテイガ』、ポルシェ『カイエン ターボS』、レンジローバー『スポーツSVR』といった他のプレミアムブランドのSUVに対抗する狙いがあるとされる。



これらのハイパフォーマンスSUVのうち、最も速いのは『ベンテイガ』で、最高出力は608ps、0-100km/h加速は4.0秒。しかし、「トラックホーク」の数値はいずれも『ベンテイガ』を上回っている。ただし、最高速度では301km/hの『ベンテイガ』が依然上である。



「グランドチェロキー トラックホーク」の登場により、“最もパワフルで速いSUV”の座をめぐるプレミアムブランドの開発競争が俄然激しくなりそうな気配だ。「トラックホーク」は2017年10月から本国アメリカでデリバリーが開始されるが、いまのところ日本への導入がアナウンスされていない。