現在の40代が子どものころ、商用以外のクルマは「自家用車」「マイカー」と呼ばれ、それはセダンを意味していた。1990年ごろには、トヨタ『マークII』や『クラウン』が月に2万台以上も売れ、『カローラ』とあわせて販売台数ランキングのトップ3を独占していたこともある。しかし、2000年代以降、実用性に優れたクルマの人気が高まり、次第にセダンは不人気車種となっていく。いまや女性に人気があるのもセダンではなくSUVだ。とはいえ、セダンの魅力が色褪せたわけではない。クルマの本質を知る大人のカーガイにはセダンにこだわり続ける人も多いのだ。今あえてセダンに乗るべき理由とは?

世界市場の新車販売台数を見るとはっきりわかる「好調SUV」「セダン凋落」の傾向


セダン人気の凋落は、世界最大級の自動車市場である北米の新車販売台数からも見て取れる。SUVが2017年1〜3月の新車販売台数で前年同期比5.9%増の249万1150台と伸びているのに対し、セダンは同11.5%減の403万3045台と大幅に落ち込んだ。市場リサーチ会社「IHSオートモーティブ」によれば、日本を含む世界の自動車販売全体でも、いまやSUVの占める販売比率は25%に達している。



なぜセダンは売れなくなったのか。ひとつは、1990年代半ばのRV(レクリエーショナル ビークル)ブーム以降、クルマに実用性や居住性、ファッション性がより求められるようになったこと。また、自動車メーカーにとっては、セダンよりもSUVのほうが利幅も大きいという。その結果、セダンの販売台数が激減。ポルシェ『カイエン』の登場以降は、フォーマルな場にも使えるラグジュアリーSUVも続々と市場に投入され、さらにセダン人気が下降していった。



しかし、SUVが世界的に注目を集める今だからこそ「セダンの魅力を見直すべき」と話すのはモータージャーナリストの工藤貴宏氏だ。「たしかに、SUVは多くの人や荷物を乗せられる。その実用性の高さがSUVの最大の魅力といっていいでしょう。しかし、クルマの本質は、あくまでもセダンにあります」




キャビンと荷室が分かれた「馬車=セダン」、人と荷物を混載していた「駅馬車=SUV」


工藤氏は、自ら「SUVファン」を公言するモータージャーナリストだ。にもかかわらずセダンを推すのには理由がある。



「セダンのルーツは馬車にあります。人の移動手段が馬車だったころ、乗員が乗るスペース(キャビン)と荷物を載せるスペース(トランク)は分けられていて、これを『セダン』と呼んでいました。それに対し、人と荷物を混載していたのが駅馬車、つまり『ステーションワゴン』です。乗用車とは、キャビンが独立したセダンを指し、それがクルマ本来の姿なのです」



セダンは当時から高貴かつフォーマルな乗り物で、おもに上流階級に愛用されてきた。人々の移動手段がクルマに変わり、クルマが大衆化していっても、セダンに普遍的な美しさや形式美が宿っているのはそのためだという。



「一方、SUVは作業車から発展したカテゴリで、靴でいえばスニーカーのようなものです。しかし、いくらスニーカーの実用性が高く、ファッションとして定着しても、革靴やハイヒールが持つ形式美とは別物。セダンはコンサバティブなスタイルですが、だからこそ、その美しさは普遍なのです」




SUVやミニバンに比べてねじれや振動が少なく、運動性能が高いセダンのボディ形状


セダンの良さは形式美だけではない。じつは、走りの面においてもSUVよりセダンのほうが優れているという。現在のSUVも運動性能や快適性能を十分以上に備えているが、セダンとSUVではボディ形状自体がまったく違うからである。



「キャビンとトランクが分かれているセダンのボディ形状は、それぞれが一体の大きな箱となっているSUVやミニバンに比べて剛性が高い。ボディの剛性が高ければ、ねじれや振動などが起こりにくくなり、走りのもしっかりする。また、共鳴の発生も抑えられるため、静粛性も高くなるのです」



この点については、大型のワンボックスカーをドライブしたことがある人なら感覚的にわかるはずだ。工藤氏によれば、より鋭い感覚を持つドライバーなら、運転すれば同じ車種のセダンとステーションワゴンの走りの違いもわかるという。



「さらに、セダンはSUVに比べて重心が低いためにフラつきにくく、ハンドリングや運動性能も高い。重心が低ければフラつきを押さえるためにサスペンションを固くする必要もなくなるので、当然、乗り心地も良くなります」



この「絶対的な基本性能の高さ」も、セダンにこだわるべき要素のひとつといえるだろう。



もっとも、それでもSUVを選ぶ人もいるかもしれない。それ自体はなにも問題なく、その人にとってより良い選択となるに違いない。しかし、セダンの販売台数が減少する今、あえてセダンに目を向けてみることで、より深くクルマの本質的な魅力を知ることができるのもたしかなのだ。