超高級車の象徴となっているロールスロイスだが、じつは近年、オーナーの年齢層が若返っているという。その平均年齢は45歳前後。豪華な大型サルーンに加え、クーペスタイルの比較的カジュアルなモデル(あくまでもロールスロイスにとってだが)をラインナップすることで、より広い世代に支持されるブランドへと変わりつつあるようだ。こうした若き成功者の顧客をさらに取り込むべく、ロールスロイスが設定しているのが、内外装にブラックのドレスアップを施したエッジーなスペシャルモデル、「Black Badge(ブラックバッジ)」シリーズである。そして、2017年6月下旬、ロールスロイスは『ゴースト』『レイス』に続く「ブラックバッジ」シリーズの第3弾モデルを発表。ベースとなったのは、2+2シーターのラグジュアリーなコンバーチブル『ドーン』だ。

航空機用の技術を用いたブラックを纏った『ドーン ブラックバッジ』のエクステリア


『ドーン ブラックバッジ』の最大の特徴は、その名の通り、ロールスロイスが「深く、濃く、翳りのある」と表現するブラックの特別塗装にある。これはロールスロイスが航空事業で培った表面処理技術を用いたボディカラーで、直径0.014mmの極細の航空機用アルミニウム糸を互いに織り込んでカーボンファイバーに接着。さらに、表面に6回のラッカー塗装を施し、72時間かけて硬化したのち、手作業による研磨で鏡面仕上げをしたものだという。



ボディそのものだけではなく、ラジエターグリル上部に鎮座するロールスロイスのマスコット、「スピリット・オブ・エクスタシー」までハイグロスブラッククロームで塗装する懲りようだ。また、フロントグリルサラウンド、トランクリッドフィニッシャー、エキゾーストパイプとエアインテークのフィニッシャーも専用のクロームサーフェスで仕上げられた。エンブレムの「ダブルアール」の配色が反転されているのも、ブラックバッジならではの演出だろう。




エクステリア同様に室内も深い黒で統一されている。シートの素材は最上級のブラックレザー。ヘッドレストや座面、キャビンのウエストラインには、鮮やかなオレンジのハイライトがアクセントカラーとして入り、豪華な室内をまるで漆黒の闇に没する前の夕焼けのように演出する。


価格は4270万円、最も贅沢なコンバーチブル『ドーン』に設定されたスペシャルモデル


パワートレインは標準モデルと同じ6.6LのV12ツインターボエンジン。ただし、専用チューニングによって出力が高められ、最高出力は570psから593psへと23psアップ、最大トルクも780Nmから840Nmへと向上した。約2.5トンという巨体にもかかわらず、最高速度は250km/h(リミッター作動)、0-100km/hを4.9秒で加速する。



このパワーアップに伴い、ブレーキディスクの直径を1インチ拡大。エンジンブレーキとともに素早いブレーキングにも貢献するという。さらに、ドライブトレインにも新機能を搭載した。新しく開発されたビスポークのエキゾーストシステムの採用により、「LOW」ボタンを押すことでV12ツインターボエンジンの中低音がさらに強調される。これも心憎い演出といえるだろう。




世界最高峰にして最も贅沢なコンバーチブル『ドーン』。この最高級オープンカーに設定された深く濃い黒を纏うスペシャルモデルは、40代の若き成功者の“ファースト・ロールスロイス”としてだけでなく、裕福な女性たち、さらには複数台を所有する50代も満足する一台になることだろう。『ドーン ブラックバッジ』の価格は4270万円からで、日本では6月末より予約受付が始まっている。