山に男のロマンを感じる人は多いはず。ジムでのボルダリングに慣れてきたら、アウトドアでのクライミングに挑戦してみてはいかがだろう? ボルダリング初心者のために、ロープを使わないアウトドアボルダリングへの挑戦についてインストラクターの細野かおりさんにアドバイスしてもらった。

■今回のアドバイザー

クライミングインストラクター

細野かおり


1987年5月27日生まれ。愛称はカオリン。20歳でクライミングに出会いクライミングジムOZの店長を経験。2014年、2015年のボルダリングの日本代表となる。2014年からはフリーランスのクライミングインストラクターに。日本全国でインストラクター・セッター(登るコース・課題の作成)など、クライミングに関わる分野でオールマイティーに活躍している。

自然の厳しさに触れるアウトドアボルダリング


ジムで行うインドアボルダリングと、自然の岩場で行うアウトドアボルダリング。同じボルダリングと名がついていても、インドアとアウトドアでは様々な違いがあるようだ。



細野さん「見やすくわかりやすいホールド(てがかり)がついているインドアボルダリングと違い、アウトドアボルダリングで登るのは自然の岩壁。どこを掴んでいいかわからない岩の突起を探りながら登っていく難しさがあります。また、インドアでは着地の衝撃を和らげるマットが床一面にキレイに敷き詰められていますが、アウトドアでは場の悪い場所で限定されたマットの上に着地しなければならないので、身の安全を自身で確保しなければならず、常に危険が伴います。自然の岩壁は足も乗せにくく、落ちた時のリスクも倍増。そのスリルはインドアと比較になりません」


インドアとは比べ物にならない達成感と開放感を味わって


リスクの高さばかりを聞くとアウトドアボルダリングが危険なだけのスポーツのように感じてしまうかもしれない。しかし、もちろんアウトドアボルダリングには、野外ならではの魅力がある。



細野さん「『ボルダー(巨岩)を登りきって頂上に立つ』という経験は、たしかに危険は伴いますが、その難しさやスリルも相まってインドアボルダリングでは味わえないほどの達成感と開放感をもたらしてくれます。自然の中で自分と戦い、川の音や動物の鳴き声などを聞きながら集中する時間はなんとも心地良いものですよ」



大自然の中で自分と戦う…というフレーズにいいしれぬ男のロマンを感じるが、ボルダリングの初心者が初めてアウトドアにチャレンジできるようになる目安はどれくらいなのだろう?



細野さん「自分のシューズを持ち、細かい石に乗る練習をして、しっかり着地する練習を積めば、初心者でもいつでもチャレンジできます。ただし、ルールやマナーを説明してくれる経験豊富なクライマーに連れて行ってもらうこと。岩場によってマナーやルールが異なるので、そういった知識を持った人に同伴をお願いしてください」


アウトドアボルダリングの難易度が下がるのは涼しい季節


また、持ち物やデビューに適した季節について、細野さんは以下のように語る。



細野さん「アウトドアに必要なアイテムですが、インドアのボルダリングと同様、クライミングシューズと汗取りのチョークは必須です。加えて、掴んで岩に付着したチョークを落とすためのクライミング用のブラシ、着地するためのボルダリングマット“クラッシュパッド”を持参しましょう。最初は同伴をお願いした経験者のクライマーに借りるといいと思います。



アウトドアボルダリングのデビューは、涼しい時期をオススメします。熱い時期だと手汗を大量にかいて滑りやすくなりますし、涼しくなり空気が乾燥してくると岩のフリクション(摩擦)が上がるので、登りやすさがアップするのです。ただし、暑い時期でも比較的難易度の低い岩場を選び、岩の頂上から川に飛び込むなどして遊ぶ場合もあります。ご自身が理想とするアウトドアボルダリングについて、1度イメージしてみてくださいね」


最後にアドバイザーからひと言


「無茶な行動で事故や怪我、周辺地域とのトラブルを招かないためにも、アウトドアボルダリングの最中には『自然に登らせていただいている』気持ちを持つことが大事です」