年齢を重ねるとともに、かく汗にベタつきを感じるようになったという人も少なくないのでは? 実際、加齢によって汗の“質”が変化しベタつきがちになるそうなのだが、実はこのベタつく「悪い汗」が、夏バテの原因になり得るというから注意したいところ。汗と夏バテの関係や、汗の“質”を高める「発汗トレーニング」の手順について、五味クリニックの五味常明先生に聞いた。

年齢とともに“質”が下がる汗。夏バテのほか、体臭の原因にも


五味さんによると、人間がかく汗にも“質”があり、質の低い「悪い汗」は疲労や夏バテなど、体に悪い影響を与えるという。



「ここで言う『悪い汗』とは、大粒でベタベタした汗のこと。この悪い汗は濃度が濃く、ベタつく上に臭い汗です。反対に『いい汗』は小粒でサラサラしたもの。お風呂場でかく汗は、サラサラで気持ち悪くないですよね」(五味さん、以下同)



年齢を重ねることで、汗腺機能が衰え濃度が高くベタつく「悪い汗」をかくようになりがちというが、だからといって放っておいて良いものではないそう。特に夏バテと「悪い汗」には深い関係があるというから気になるところだ。



「そもそも汗は、上昇した体温を下げるためにかくもの。そして、かいた汗は上手に蒸発させなければ、体温調節機能が働きません。濃度の薄い『いい汗』は乾きやすく、皮膚の表面から蒸発しやすいために、体温調節機能が効率的に働きます。一方で『悪い汗』は、ベタベタで蒸発しにくいので、体温調節がうまくできなくなってしまう汗です。こうした悪い汗は、流れるだけで疲労や夏バテ、そして体臭の原因になります」



そこで役立つのが「いい汗」をかくように導いてくれる「発汗トレーニング」というわけだ。

手足の高温浴、または半身浴がオススメ。入浴後のクールダウンも重要


夏バテを防止にも有効という「発汗トレーニング」。五味さんによれば、入浴中に簡単に実践することができるという。



「発汗トレーニングとして、まずオススメしたいのが手足の高温浴。43度くらいの熱めのお湯を浴槽に薄くはり、そのなかで両腕(肘から下)、両足(膝から下)を温めます。時間は10分から15分くらいで構いません。脳から離れている手足は汗腺が衰えやすい場所なので、温めることで汗をかきやすくなり、汗腺機能が向上します」



熱いお湯が苦手な人には半身浴もオススメだ。



「半身浴をする際は熱いお湯に入るのではなく、39度ぐらいの微温浴でじっくり入浴し、体をあたためましょう。ここで注意してほしいのが、入浴後のクールダウン。夏場にお風呂からでた直後は暑くて、どうしてもエアコンをつけたくなってしまうと思いますが、エアコンではなく、うちわや扇風機で体を冷やすようにしましょう。エアコンでは皮膚温がすぐ下がってしまうため、汗をとめてしまい、発汗トレーニングになりません。また入浴前後に生姜湯を摂取すると、汗が出やすくなるのでオススメです」



こうしたトレーニングを2、3週間実践するだけで、衰えた汗腺機能を鍛える効果が期待できるという。

エアコンの設定温度など、日常の注意により「悪い汗」を減らすことも可能


最後に、発汗トレーニングを実践する際の注意事項も確認した。



「高温浴をする際、皮膚の弱い人はやけどをしないようお湯の温度に気をつけてください。入浴前や入浴中は、水分摂取を忘れないようにしましょう。また、エアコンに頼りきった生活は、汗腺機能の低下を招くことになり、『いい汗』をかきにくくなってしまいます。エアコンの設定温度を、室内熱中症に注意しながら、少しずつ上げるよう心がけましょう」



夏バテ対策になるだけでなく、体のベタつきによる不快感解消や臭い対策にもなる発汗トレーニング。「悪い汗」をかきがちなミドルエイジは、夏場の必須習慣として取り入れてみるべきかもしれない。


最後にアドバイザーからひと言


「いい汗をかくことで、熱中症なども防ぐことができますよ」