メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスブランド、AMGの中核モデルにもハイブリッドが採用される時代がやってきたようである。1月にデトロイトでお披露目されたメルセデス・ベンツの新型『CLS』。この流麗な4ドアクーペに、メルセデスAMGによる「53シリーズ」が設定された。従来、AMGの上級車種では「63シリーズ」と「43シリーズ」が展開されてきたが、「53」は初めて導入される新しいシリーズ。いったい「63」や「43」と何が違うのか。それはパワートレインにマイルドハイブリッドシステムを採用したことにある。

大型高級車をパーソナルに乗り回したい富裕層のための流麗な4ドアクーペ


『CLS』はW211型の『Eクラス セダン』をベースに開発されたスタイリッシュな4ドアハードトップクーペである。初代モデルの登場は2005年。当初からAMGモデルがラインナップされ、その心臓部に搭載されていたのは5.5LのV8スーパーチャージドエンジンだった。



2代目は時代の要請を受け入れるかたちで大排気量エンジンのダウンサイジングをはかり、2012年にはワゴンモデルのシューティングブレークが、2015年には4気筒ディーゼルモデルがそれぞれ追加された。今回の新型『CLS』は3代目となる。



『CLS』のような4ドアクーペには、大型ラグジュアリーカーをパーソナルカーとして軽快に乗り回したい──という富裕層オーナーのニーズがある。同様のモデルには、ほかにもアウディ『A7スポーツバック』、BMW『6シリーズ グランクーペ』、フォルクスワーゲン『アルテオン』などがあるが、これらは『CLS』のヒットを受けて登場したものと考えていいだろう。



2代目に設定されていたAMGモデルは63シリーズの『CLS 63 S』と『CLS 63 S 4MATIC』。そして今回、新型『CLS』に導入されたのが、48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した53シリーズの『CLS 53 4MATIC+』である。




メルセデスの48Vマイルドハイブリッド「EQブースト」はいいことづくしだ


『CLS 53 4MATIC+』のパワーユニットは新開発の3.0L直列6気筒ターボエンジン。『CLS』をはじめ、『Eクラス カブリオレ』『Eクラス クーペ』の3タイプからなる53シリーズすべてにこのエンジンが搭載される。



最大出力435ps、最大トルク520Nmのスペック自体は、612psを発揮する4.0L V8ツインターボの『E63 S 4MATIC+』には及ばない。『E63 S 4MATIC+』は『Eクラス セダン』に設定されるAMGモデルで、メルセデス・ベンツのミッドクラスセダン最速とされるハイパフォーマンスカーだ。とはいえ、3.0L V6ツインターボを積む『E43 4MATIC』の401psは上回っており、53シリーズが63シリーズと43シリーズの中間に位置づけられていることがよくわかる。



最大の特徴は、「EQブースト」と名付けられた48Vマイルドハイブリッドシステムを採用していることだ。電動タービンとも呼べるEQブーストは、エンジンの低回転時から作動することでレスポンスを向上させ、回転数が高まったところで従来のタービンにバトンタッチする。この連携により、最大で250Nmものパワーアシストと少燃費を両立させる。燃費性能は、欧州複合モード燃費で11.5km/Lだ。



また、EQブーストは、エンジンルーム内でスペースをとってしまう直列6気筒エンジンの補機類を省スペース化し、慣性が増加しがちなフロントノーズ周りの重量配分の最適化もはかってくれる。まさにいいことづくしなのだ。



ヨーロッパの自動車メーカーではマイルドハイブリッドが流行し、最近のメルセデス・ベンツにもEQブーストを採用するモデルが増えているが、さもありなん。たしかにメルセデスを今買うならEQブースト搭載車を選びたくなる。



「4MATIC+」がつく車名でわかる通り、パワーを路面に伝えるのは「AMG Performance 4MATIC+」と「AMG SPEEDSHIFT TCT 9Gトランスミッション」。前者はメルセデス・ベンツ伝統の四輪駆動システムである「4MATIC(4マチック)」をより進化させたもので、“+”が付くゆえんである。




メルセデス・ベンツ最新の「プレデター・フェイス」となった新型『CLS 53』


エクステリアでは、ベースモデルのフルモデルチェンジに伴ってフロント部分のデザインが変更された。ノーズは、車両前部の上部分が長く、下部分が奥まった逆スラント形状。ヘッドライドはシャープに吊り上がり、メルセデス・ベンツがいうところの「プレデター・フェイス」を印象づけている。これは新型『Aクラス』にも採用されたブランドのデザイントレンドだ。



ツインブレードラジエターグリルや大きく開いたバンパーのインテークはAMGのデザインに則ったもの。リアには、控えめなカーボン製トランクスポイラーにマフラーエンドを取り巻くスタイルのディフューザー。マフラーエンドは真円タイプの4本出しである。もちろん、アーチを描くなめらかなルーフラインといった『CLS』ならではのスタイリングはそのままだ。




コクピットは、2つの12.3インチワイドスクリーンが水平方向に並んだ最近のメルセデス・ベンツでおなじみのスタイルだ。このディスプレイでは、エンジンパワー、トルク、ブースト値、タイヤのテンプ&プレッシャー(空気圧)などがリアルタイムで確認することができる。



室内の素材にはレザーとカーボンパネルを組み合わせ、そこへAMGらしくベンガルレッドのアクセントが添えられている。シートベルトやドアハンドルもレッド仕上げだ。インテリアカラーは、この「ブラック&ベンガルレッド」のほかに、「マキアートベージュ&マグマグレー」「エスプレッソブラウン&マグマグレー」のパターンもオーダーが可能。通常モデルと違い、エアコンのベンチレーターには航空機のエンジンを思わせる意匠が施されている。



また、ほかのAMGモデルと同じくショックアブソーバーの減衰をコントロールできる「AMG RIDE CONTROL」を搭載し、エアサスペンションとの組み合わせで「Comfort」「Sport」「Sport +」のドライブモードを選択可能。シチュエーションによって最適なドライビングを得ることができるわけだ。




メルセデスAMG『CLS 53』は、『Sクラス』並の安全機能や運転支援を装備


ハイパフォーマンスのAMGモデルとはいえ、最新のミッドクラスのメルセデスだけに『Sクラス』並の安全性能や運転支援システムも備えている。



アクティブブレーキアシスト、レーンキープアシスト、乗員保護システムの「PRE-SAFE」が標準装備され、さらに本国仕様では、オプションでクロストラフィックアクティブブレーキアシストやアクティブブラインドアシストなど、より先進的な運転支援システムも用意されている。ただし、ヨーロッパと日本では道路事情や交通ルールが違うので、チョイスできるかわからないが…。



価格は、ドイツ本国でのベースが8万4430ユーロ(約1070万円)。日本への導入時期はまだ未定だ。いずれにせよ、『Eクラス』をもっとパーソナルに、軽快に乗り回したいという富裕層には、上陸が待ち遠しい一台といえるだろう。