かなかゴルフのラウンドへ出かけられない多忙な40代。ならば、近年街中で見かけることが増えてきた「シミュレーションゴルフ」を試してみては? シミュレーションゴルフの楽しみ方について、ティーチングプロの堀尾研仁さんに伺った。

■今回のアドバイザー

ティーチングプロ

堀尾研仁


1971年4月16日生まれ。岐阜県出身。デビッド・レッドベター氏に師事し、ゴルフティーチングの世界に入る。1997年よりデビッドレッドベターゴルフアカデミー公認インストラクターとして多くのゴルファーを指導。2002年にKEN HORIO GOLF ACADEMYを設立。2003年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。2005年には谷口徹選手の帯同コーチとして、全英オープン、全米オープン、全米プロといったメジャートーナメントにも同行。2016年は塚田陽亮選手が日本ゴルフツアー選手権に優勝。過去5名のツアープロの優勝に貢献。現在は多数のプロゴルファーの指導と共に、アマチュア向けのスクール運営、各メディアへの出演、企業向けのイベントなども精力的にこなしている。

ゲームの域を超えたクオリティに、ゴルフ好きも大満足


堀尾さん「シミュレーションゴルフとは、弾道計測センサーによりボールの弾道を予測し、そのデータをゴルフゲームの様なデジタル画像と組み合わせて表示させるシステムの事です。



『しょせんはゲーム』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、最近ではどんどん正確なセンサーが登場して、正確なボールデータが得られるようになっています。ゴルフコースに出る時間がない方、もっと気軽にゴルフを楽しみたい方にとって、シミュレーションゴルフは非常に有意義なアクティビティと言えるはずです」


シミュレーションゴルフを練習に役立てるプロゴルファーも多数


堀尾さん「通常のゴルフや打ちっぱなしなどの練習場では、ボールの弾道を目で確認するだけで、自分がどんなボールを打ったのかといった詳しいデータを知ることはできません。一方シミュレーションゴルフでは、打ち出し角度、スピン量、キャリーの距離、ランの距離など、様々なボールデータを知ることができます。正確なボールデータを知ることで、自分のスイングのズレや、感覚と実際のスイングの差などを確認することができるので、より高いスイング技術をマスターすることにも繋がります。



実は最近のツアープロ達も、シミュレーションゴルフで使用されているセンサーによって、ボールデータをチェックしながら練習しています。ボールデータを元に論理的な練習を積めるだけでなく、スコアメイクに必要なゲームマネージメント能力や、ミスの後のメンタル面の強化なども学習することができると評判です。今よりも確実にレベルアップしたいという方は、シミュレーションゴルフの練習利用をお勧めします」


本物のゴルフとの違いを割り切って、シミュレーションゴルフを役立てて


堀尾さん「メリットの多いシミュレーションゴルフではありますが、本物のゴルフコースと違う部分もやはりあります。



大きな違いとしてまずあげられるのは『傾斜』。一般的にシミュレーションゴルフは、平らな打席でショットを打ちます。メーカーによっては、打席の床を可動式にして、通常に近い傾斜を再現しているものもありますが、一面の床が稼働するだけなので、実際のコースの様な複合的な傾斜ではありません。



次に違うのが『芝』です。シミュレーションゴルフでは人工芝の上からのショットになるため、通常の芝よりもミスが出にくいです。少し易しい条件で練習をしてコースに慣れるという点では初心者や中級者には大きなメリットがあると思いますが、本物の芝の感覚を得たいという人に取っては少々物足りないかもしれません。



気軽にゴルフを楽しみたい時や、緻密なデータを元にゴルフの練習をしたい時はシミュレーションゴルフ。爽快感を味わいたい時は本物のゴルフ。など、それぞれのいい部分を楽しめれば、ゴルフライフがより充実しそうですね」


最後にアドバイザーからひと言


「通常のゴルフと違い、シミュレーションゴルフなら仕事帰りなどの空いた時間に楽しむことも可能です。ぜひ気軽にシミュレーションゴルフを楽しんでください」